Coachellaでのケンドリック・ラマーa.k.a Kung Fu Kennyのセットリスト

Coachellaの第一週目のヘッドライナーとしてKendrick Lamarが登場。もちろん新アルバム『DAMN.』からの楽曲がライブデビュー。同時に過去の曲やFutureやTravis Scottのゲストパフォーマンスも。ステージのメインテーマはケンドリック・ラマー扮する「Kung Fu Kenny」アルバム『DAMN.』でも度々バースの頭にささやかれていた謎のカンフー闘士がCoachellaのステージ上に現れた。

Kung Fu Kennyの劇画がバックドロップに映し出され、カンフーシャツにコルテッツをまとったKung Fu Kennyはまるでヒップホップオペラのようにアンコール含めた19曲を披露した。

セットリスト

映像: Kung-Fu Kenny Part I

"DNA."
"ELEMENT."
"King Kunta"
"untitled 07 | 2014 - 2016"
"Untitled 02 | 06.23.2014."
"goosebumps Travis Scott"
"Backseat Freestyle"
"Bitch, Don't Kill My Vibe (Remix)"
"THat Part with ScHoolboy Q" (Remix; FEEL. Intro)" Kanyeの登場はなし
"LUST."
"Money Trees"

映像: Kung-Fu Kenny Part II
"XXX."
"m.A.A.d city"(Part 1)"
"PRIDE."
"Mask Off with Future"
"Alright"
"GOD."

映像: Kung-Fu Kenny Part III
Every Nigger Is a Star by Boris Gardiner (映画『ムーンライト』挿入歌)

"HUMBLE."

Encore:
LOVE.

RELATED

今度はKendrick Lamarに替え玉疑惑が浮上

以前にはマスクを被ってライヴをするスタイルが災いし、A$AP Rockyに替え玉疑惑が浮上したことがあったが、今回、Kendrick Lamarにも替え玉疑惑が浮上してしまった。

Kendrick Lamarの『good kid, m.A.A.d city』が全米アルバムチャートランクインの最長記録を更新

先日、Kendrick Lamarの名盤『good kid, m.A.A.d city』が350週間ものあいだ、全米アルバムチャートにランクインしつづけていることをお伝えしたが、ついに今週最長記録を更新した。

A$AP FergがRich the Kidの“New Freezer”はKendrick Lamarが自分だけフィーチャリングされるのを条件に参加したと明かす

先日、ニューEP『Floor Seats』をリリースしたばかりのASAP FergがDJ Whoo Kidのインタビューに登場。2017年にリリースされたRich the Kidのデビューアルバム『The World Is Yours』に収録されている“New Freezer”には初め、自身が参加していたことを明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。