Drakeのボーカルがやっと届いてDJ Khaledが喜び爆発

DJ KhaledがいつものようにSnapchatを楽しんでいるところ、婚約者に冷ややかに叱られた事件はFNMNLでも紹介した。その際にKhaledが散々言っていた「Drakeのボーカルはまだ送られてこないの?」という台詞が今、密かにソーシャルメディア上で人気を集めている。

これは自分のニューアルバムに参加予定のDrakeが、中々ボーカルを送ってこないのを懸念したKhaledの心境を表したセリフだ。

そしてKhaledは11日火曜に、ついにDrakeとスタジオ入りを果たしたと自身のInstagramに嬉しそうな表情で投稿している。

FAN LUV #GRATEFUL THE ALBUM COMING !!! @champagnepapi vocals is in !!! @wethebestmusic #wethebest #ovo ???????

DJ KHALEDさん(@djkhaled)がシェアした投稿 -

Khaledは「Drakeのボーカルはまだ送られてこないの?」と新たな決め台詞で念願が叶った投稿をスタート。Drakeがいる前でこのセリフを連発しているため、Drakeにもたしなめられる始末だ。それほどDrakeのボーカルが届いて嬉しかったのだろう。

昨年リリースされたKhaledのアルバム『Major Key』に収録されているDrakeとのシングル"For Free"はプラチナディスクに認定されており、新作の曲も十分にヒットが狙えるだろう。

Khaledの投稿には他にもDrakeとのスタジオセッションの様子が撮影されている。また、ケンタッキー大学のバスケットボールチーム、Wild CatsのカラーからインスパイアされたOVOとAir Jourdan 8の新作コラボ『OVO x Air Jordan 8 Calipari Pack』を初公開した。

DrakeのボーカルはKhaledのリリース予定の新作『Grateful』に収録される予定だ。しかし、今のところその詳細は明かされていないが、Justin BieberとMigos、Chance The Rapperによるコラボチューンも収録されるとみられている。(野口耕一)

 

related

Drakeが製作総指揮、Zendayaが主演するドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』がU-NEXTで配信

HBOが気鋭スタジオA24とタッグを組み、Drakeが製作総指揮をとったドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』が、本日6/30(水)からU-NEXTで独占配信開始となった。

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。