Chance The RapperとMigos、Justin Bieberによる「トップシークレット」なコラボ曲

アメリカのDJで最も力を持っているのは、DJ Khaledで間違い無いだろう。前作『Major Key』ではJay ZやFuture、Drake、Nas、Kendrick Lamarなどなど全員主役といえるゲスト陣を揃えた。

そしてKhaledは現在次作『Gratful』の制作に取り組んでいるが、驚愕のコラボ曲が収録される予定だという。

そのコラボ曲に参加するのは、Migos、Chance The Rapper、Justin Bieberだ。KhaledはInstagramで3組が一緒に写っている写真やビデオなどを更新。

どうやらコラボ曲のビデオを撮影中のようで、Khaledは「トップシークレット」と言いつつ、誰が登場するかは自慢げに晒しまくっている。この曲のタイトルやテーマがトップシークレットにまつわるものなのか、ただこの驚きのコラボ曲を早く聞いてみたいところだ。

related

BALENCIAGAがKaty Grannan撮影によるポートレートシリーズを公開 | Justin Bieberも登場

BALENCIAGAがアメリカの写真家Katy Grannanが撮影したポートレートのシリーズを公開した。

Chance The Rapperが『ホームアローン』のリブートバージョンを企画中と明かす

Chance The Rapperが先日人気TV番組『The Tonight Show』にリモート出演し、そこで現在計画中のある企画について明かした。

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。