"Panda"を使用した渡辺直美のパフォーマンスにDesiigner本人がぶち上がり

Desiignerのデビュー曲であり代表曲の"Panda"は、Desiigner自身の強烈なキャラクターもあり様々なネタで使用されてきたが、日本でも渡辺直美がTV番組で、"Panda"を使ったダンスを披露していたのはご存知だろうか?

上記の動画が、そのパフォーマンスだ。強烈なイントロ部分での顔芸といい、そのナスティーな腰使いといい、これまでのネタと比べても申し分のない仕上がりだ。

このネタをTwitterで発見したDesiigner本人も「ぶち上がり」とコメントしており、その出来栄えに納得しているようだ。いつか2人で共演してほしい?

related

Desiignerが「Uberでの移動に月20000ドル使っている」と明かす

2010年代より移動手段としてお馴染みとなったUber。ヒップホップシーンではMadeinTYOの“Uber Everywhere”がヒットしたほか2017年にはCEOの様々な言動が問題視されるなど話題の絶えないサービスだが、中でもUberを愛してやまないラッパーがいるようだ。

Gapがカプセルコレクション 『Archive Reissue: Logo Remix Collection』を発表 | キャンペーンムービーにはSZA、Metro Boominに加え渡辺直美も出演

Gapがアイコニックな自身のロゴをテーマにした『Archive Reissue: Logo Remix Collection』をローンチする。

初来日するDesiignerとPHIRE WIREのコラボコレクションが本日GR8でローンチ | デザインは石黒景太が担当

初来日公演を控える"Panda"で知られるラッパーのDESIIGNERとKIRIによるブランドPHIRE WIREのコラボコレクションが、GR8 にて12/15にローンチする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。