TuneCore Japanのアーティストへの2016年の還元額が前年比200%増。日本でもインディペンデントアーティストの存在感が年々大きく

デジタル音楽ディストリビューションサービスTuneCore Japanを利用したアーティストへの還元額が、2012年10月のサービスインから2016年末時点で14億円を突破、さらに2016年単年度では約8億円をアーティストに還元しており、2015年度の還元金額に対して、約200%の増加となった。

Tunecore
*TuneCore Japan: 利用アーティストへの年間還元額の推移

主な要因としてはTunecoreを利用するアーティストの増加、ストリーミングサービスをはじめとするデジタル音楽市場の拡大、利用アーティストのファン拡大が挙げられる。

この成長率は、一般社団法人日本レコード協会が発表した2016年有料音楽配信売上実績の成長率112%を上回るもので、日本ではChance The Rapperのような事例では出ていないが、デジタル音楽市場で独立系事務所、レーベル、個人などの、インディペンデントアーティストの存在感が、年々大きくなってきている。

また、TuneCore Japanでの売上の中で音楽ストリーミングサービスの成長率は、2015年から2016年で約630%と急成長。この音楽ストリーミングサービスを通じた還元額は、2017年度もさらに拡大することが予想される。

国内でのジャンル別の売上をみるとJ-POP、HIPHOP、アニメ・ゲームの順となっている。

今後TuneCore Japanは国内外の配信ストアを拡大していくとともに、アーティストがデジタル音楽を最大限に活用し、海外進出への足がかりを掴めますよう、サービスを提供していくという。

http://www.tunecore.co.jp/

 

related

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

ゼンハイザーがTunecore Japanとコラボし公認アーティスト募集オーディションを開催

「音質には妥協はない」をコンセプトに、マイクロホンやヘッドホンをはじめとしたオーディオ機器を開発、提供するゼンハイザーがTunecore Japanとコラボし『ゼンハイザー公認アーティスト募集オーディション #DontStopTheMusic』を実施する。

TuneCore Japanがアーティスト同士で曲の収益を自動分配できる「スプリット」機能を提供開始

音楽デジタルディストリビューションサービスTuneCore Japanが、音楽アーティスト・ミュージシャン同士で曲の収益を自動分配できる「スプリット」機能をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。