「Suge Knightの前妻が2Pacを殺害をした」とSuge Knightが告発。それに対して前妻は「私は2Pacを殺していない」と反論

「Suge Knightの前妻が2Pacを殺害をした」とSuge Knightが告発し、それに対し前妻は「私は2Pacを殺していない」と反論した。

文: 野口耕一

2Pacの新たなドキュメンタリー『Tupac Assassination:Battle for Compton』の中でSuge knightが「2pacを殺した犯人はDeath Rowの警備員であるReggie Wright Jrと前妻のSharitha Goldenである」としつつ「本当は俺を殺そうと企んでいた」と明かしたことが大きな注目を集めている。しかし、告発されたSharitha Goldenが4日火曜日、2Pacを殺害したことを否定しているとTMZが報じた。

Death RowレコードのCEOでもあるSugeは現在、投獄中の身であるのでドキュメンタリーでは弁護士を通しての供述書での出演となった。供述書によると、Sugeは以前から「ReggieとSharitaが共謀していたのを知っていた」と書かれている。

しかしTMZによると、Sharitaは「馬鹿な嘘」と反論している。「私は殺していない」と語り「殺す理由がどこにあるの」と強調した。Sharithaは今回の騒動には飽きれた様子でSugeに巻き込まれてしまったばかばかしさを滲ませた。

Shatithaは今回の騒動での自身とSugeの間にできた娘へ影響を強く懸念している。「一番上の20歳になる子は高校時代に『お前の父親が2Pacを殺した』と言われ続けてきた」と明かし「今回は私がメディアによって犯人に仕立て上げられた、今度は『お前の母親が2Pacを殺した』と言われる」と嘆いた。

Sugeの告発に関しては同日4日、Sugeの代理人がアメリカのメディアThe Warpにて「供述書はフェイクだ」と語っている

related

2Pac出演の名作『JUICE』初のBlu-ray&DVD化が決定

2Pac出演の1992年製作の映画『JUICE』の、日本初Blu-ray&DVDが5月8日(金)に発売される。

2Pacのアルバム『Me Against the World』の25周年を記念してLPが再発

2Pacが1995年3月14日に発売し、全米チャート1位に輝き、ダブル・プラチナを獲得した名盤『Me Against the World』。発売から25周年を記念して、180グラム重量盤の2LPが本日再発された。

「2Pacはニューメキシコでナバホ族に保護されながら生きている」と主張する映画が来年公開予定

1996年9月、ラスベガスにて銃撃によって命を落とした伝説的ラッパーの2Pac。彼はその死を信じられないファンなどによって生存説がたびたび囁かれており、以前はDeath Row Recordsの創設者Suge Knightの息子が「2Pacはマレーシアで生きている」と主張したことも話題となった(後に「マーケティングになるからやった」と発言)。今回、2Pacがニューメキシコにてナバホ族に保護されながら生存しているとの主張を行う映画の公開がアナウンスされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。