KAWSとのコラボJordan Ⅳの抽選会が大騒動となり警察に中止させられる

ロンドンの人気ショップPattaで今週の初めにグラフィティーアーティストKAWSとのコラボJordan Ⅳを入手するための抽選会が開催された。

SohoにあるPattaのショップ前には、その抽選券を入手したいスニーカーフリークが殺到、店の周囲ではもみ合いなども起こってしまった。その騒ぎを聞きつけた警察が抽選会を中止させてしまった。

 

現在人気ブランドなどはプレミアムアイテムのリリース時には抽選会を開催しているが、その抽選券を求める人々が殺到し暴動になることもしばしばある。最近ではNYでのSupremeのボックスロゴパーカーのリリース時の抽選会が、大暴動になり途中で強制終了となっている。

related

PALACEとNew Balanceの初のコラボレーションで「580」が登場

PALACE SKATEBOARDSとNew Balanceが初のコラボレーションを実現させた。

VAULT BY VANSとWACKO MARIAのコラボレーションでAuthenticが登場

VAULT BY VANSがWACKO MARIAとのコラボレーションでAuthenticを発表した。

StüssyとNikeのカプセルコレクションが発売 | Air Max 2013を再構築したフットウェアも登場

これまでも多くのコラボレーションを行なってきたStüssyとNikeが、2022年秋シーズンのカプセルコレクションをリリースする。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。