生と死のモチーフとしての血液 | 「赤い液体が流れるチューブ」で製作されたソファ

韓国のデザイナーHyun-gi Kimの 「レッド・シリーズ」の一作として、彼はまるで血液のような赤い液体を流し込んだチューブとポンプを用いてソファを製作した。

血液は、恐怖、死などのイメージを持たれているが、その逆に私たちの生命を維持してくれる必要不可欠なものでもある。

Red series 001 hyun gi kim design furniture chairs benches graduate dezeen 2364 col 8

そのソファに座ると液体が右から左へと圧力によって移動し、ソファは形を変える。その動きは心臓がポンプとなり、血液を全身に巡らせる機構を模している。

血液に模した液体はアクリル絵の具とその他の液体を混合してつくられている。プラスチックのバッグとチューブはステンレスのフレームで補強されている。

Red series 001 hyun gi kim design furniture chairs benches graduate dezeen 2364 col 5

RELATED

山田智和による6年ぶりのオリジナル作品『Beyond The City -Shibuya 2019-』が本日渋谷で公開 | KID FRESINO、KOM- Iなどが出演

渋谷を舞台としたアート・プロジェクト『SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN』の一環で、東横線渋谷駅のヒカリエ改札地下4階のスペースUNDERGROUNDで、山田智和の6年ぶりとなるオリジナル作品『Beyond The City -Shibuya 2019-』が本日17時から公開されてい...

ドキュメンタリー映画『Beautiful Losers』をテーマにした展覧会が開催 | Aaron RoseやBarry McGee、Tom Sachs、Harmony Korineなどの作品を展示

2008年に公開されたドキュメンタリー映画『Beautiful Losers』をテーマにした展覧会『NOW & THEN: A DECADE OF BEAUTIFUL LOSERS』が、RVCA SHIBUYA GALLERYとTHE CORNERで8/1(木)から開催となる。

Toro y Moiが本名のChaz Bearとして日本初個展『This Is Silly』をgallery communeで開催中 | テーマは「生と死」

音楽プロジェクトToro y Moi名義でもしられるChaz Bearが、日本初個展『This Is Silly』を東京・幡ヶ谷のgallery communeで7/30(火)まで開催中だ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。