Kendrick Lamarの新作は「メンフィス」的でハードなサウンドになるとプロデューサーが明かす

4/7にリリースするとみられているKendrick Lamarのニューアルバムの内容についてプロデューサーのSyk Senseが語っている。

ニューアルバムからのファーストシングルとみられる"The Heart Part 4"も手がけているSyk Senseは、YoutuberのEricTheYoungGawdのインタビューに答え、そのサウンドが「これまで聴いたことがないほどのハードなものになる」と話している。

Syk Senseはアルバム全体ではなく、いくつかのビートを聴いただけだと前置きしつつ、アルバムは「想定されるようなジャジーなものではなく、めちゃくちゃメンフィスみたいだ、LAでありメンフィスなんだ」とも語った。メンフィスといえばサウスヒップホップシーンの中心地の1つであり、Three 6 Mafiaなどに代表されるダーティーなサウンドが特色だ。

これまでのKendrickのアルバムではラフなサウンドともいえる『Untitled 07』と比べて、どうかと尋ねられたSyk Senseは「ある意味では似てるけど、別物だ。説明できないよ。Kendrickは向上心の塊だ」と話した。果たしてKendrickの新作はどのような内容になっているのだろうか。

Syk Senseのインタビューはこちらから見ることができる。

RELATED

Kendrick Lamarが2020年にニューアルバムをリリースする説

2017年にリリースしたアルバム『DAMN.』以降、約3年にわたって作品のリリースがないKendrick Lamarが来年ついにニューアルバムを発表するかもしれない。

今度はKendrick Lamarに替え玉疑惑が浮上

以前にはマスクを被ってライヴをするスタイルが災いし、A$AP Rockyに替え玉疑惑が浮上したことがあったが、今回、Kendrick Lamarにも替え玉疑惑が浮上してしまった。

Kendrick Lamarの『good kid, m.A.A.d city』が全米アルバムチャートランクインの最長記録を更新

先日、Kendrick Lamarの名盤『good kid, m.A.A.d city』が350週間ものあいだ、全米アルバムチャートにランクインしつづけていることをお伝えしたが、ついに今週最長記録を更新した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。