やけのはらがLINEの呼び出し音"木琴"をリミックス

これまでもゆるふわギャングやKMなどがリミックスしてきたLINEのデフォルト呼び出し音"木琴"の新たなリミックスが登場、今度はラッパーやトラックメーカーで、現在はアンビエントユニットUNKNOWN MEのメンバーとして活動するやけのはらが手がけた。

やけのはらはyounGSoundsやDJとしても全国各地のパーティーやフェスに精力的に出演し続けている。

やけのはら

リミックスは3/29からLINE MUSICで独占配信。同曲はLINE無料通話の呼出音や着信音に設定できる。配信URLはこちら

related

スチャダラパーによるインディーズ雑誌『余談』の最新号が発売 | RHYMESTERや藤原ヒロシ、やけのはらなどが登場

スチャダラパーが編集人を務める不定期刊のインディーズ雑誌『余談』の10号目が、5/22(金)にオンラインで発売される。 2010年から年一回発行のペースで発刊されてきた『余談』は、スチャダラパーが好きな人に会い、好きな人に漫画や原稿を書いてもらい、ただただ余談を繰り広げ、ITで5Gな世の中に抗...

Wool & The PantsとDJ サモハンキンポーによる密室系パーティー『Bottom of Tokyo』にロボ宙、やけのはらなどが出演

米ワシントンD.C.のレコードレーベルPPU(Peoples Potential Unlimited)からLPをリリースした Wool & The Pantsと、思い出野郎AチームのパーカッショニストにしてMAD LOVE Records主宰、DJ サモハンキンポーによるライヴ/DJイベント『Bottom of Tokyo』の第3回が、3月29日(金) 幡ヶ谷 forestlimitにて開催される。

やけのはらなどが参加するユニットUNKNOWN MEが「20世紀の宇宙開発」に触発された新作をカセットテープでリリース

やけのはら、P-RUFF、H.TAKAHASHIの作曲担当3人と、映像担当の大澤悠大によって構成される4人組アンビエント・ユニットUNKNOWN MEが、アメリカの人気インディーレーベルNOT NOT FUNから新作『ASTRONAUTS』をカセットテープでリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。