TARO NOHARA(a.k.a. やけのはら)がドイツのレーベルGROWIN BINからアルバム『HYPER NU AGE TEKNO』をリリース

やけのはらがニューエイジテクノのアルバム『HYPER NU AGE TEKNO』をドイツの人気レーベルGROWIN BINからLP&配信でリリースする。

P-RUFF 、H. TAKAHASHI、大澤悠大とのアンビエントユニット「UNKNOWN ME」としても活動するやけのはら。昨年LAの老舗インディーレーベルNot Not Funからリリースされたアルバム『BISHINTAI』が高い評価を集める中で、満を持しての単独作となる。

DJ、トラックメーカー、ラッパー、執筆家という多彩な顔を持つやけのはらがTARO NOHARA名義で作り上げたのは、オリジナリティ溢れるレフトフィールドニューエイジテクノ。 90年代のピュアテクノが持っていた多様性に触発されコロナ禍に制作された本作は、「ポリリズム・ダンス、コズミック・トリップ、ゼン・エクスペリエンス、エスニック・アンビエント」と様々なスタイルを持つ、新しい世代へ向けたイマジナリーベッドルームテクノに仕上がっている。

シェフィールド・ブリープ、フラクタル・IDM、インターステラー・アンビエンスが共存する"Hyper Nu Age Tekno"は、Taro Nohara(a.k.a やけのはら)が、色褪せたレイブのフライヤーに星図を描いているような作品だ。

億万長者たちが宇宙旅行を楽しんでいる間、Growing Binと自分の内なる宇宙を探検しよう。

LPの序盤、"Space Debris “という曲の、ベースが効いたキックとクリスタルのようなチャイムを聴いて、私たちがハンブルクから遠く離れた場所にいることがわかるだろう。Taroは、グルーヴを超える深宇宙探査船を操縦し、心地よいコードが双子の朝日の到来を告げる場所、どんなテレビ放送も意味をなさない場所へと導く。“Ill Eel"のポリリズムが続き、その同心円状のチャイムと速いキックが、工学科の水の祭壇にテクノ集団を召喚する。星と星の間にある神秘主義を纏いながら、超越的な方向へと向かう"Baker Baker Paradox"は、ライヒ的な反復音で、クロム、クリスタル、シューゲイザーのきらめきで装飾されたグラフェンの蜘蛛の糸を紡ぎ出す。

B面は展望台から始まり、"Celestial Harmonia “でSFエキゾチカの美しさを浴びながら、"Use Your Head "ではホロデッキへ急ぐよう促される。テッキーなイーブンキックに静謐なパッドを乗せたこの曲は、LPの中で最もダンサブルでドリーミーなトラックである。アンビエントなコードとリズムの位相がずれていく "Airplane Without People "は、あなたのバーチャル・ファンタジーのロード画面であり、やがてウッディーなパーカッションと丸みのあるベースによる"Music For Psychic Liberation "に移ろっていく。CGIの森でキノコ狩りをするように、自分の体を置き去りにして。

Info

Artist: Taro Nohara

Title: Hyper Nu Age Tekno

Format: LP 

Label: Growing Bin Records

Cat No: GBR040

EAN: 4251804129282

File Under: Hyper Nu Age Tekno! / Contemporary Dance

Release Date: March 25, 2022

related

スチャダラパーによるインディーズ雑誌『余談』の最新号が発売 | RHYMESTERや藤原ヒロシ、やけのはらなどが登場

スチャダラパーが編集人を務める不定期刊のインディーズ雑誌『余談』の10号目が、5/22(金)にオンラインで発売される。 2010年から年一回発行のペースで発刊されてきた『余談』は、スチャダラパーが好きな人に会い、好きな人に漫画や原稿を書いてもらい、ただただ余談を繰り広げ、ITで5Gな世の中に抗...

Wool & The PantsとDJ サモハンキンポーによる密室系パーティー『Bottom of Tokyo』にロボ宙、やけのはらなどが出演

米ワシントンD.C.のレコードレーベルPPU(Peoples Potential Unlimited)からLPをリリースした Wool & The Pantsと、思い出野郎AチームのパーカッショニストにしてMAD LOVE Records主宰、DJ サモハンキンポーによるライヴ/DJイベント『Bottom of Tokyo』の第3回が、3月29日(金) 幡ヶ谷 forestlimitにて開催される。

やけのはらなどが参加するユニットUNKNOWN MEが「20世紀の宇宙開発」に触発された新作をカセットテープでリリース

やけのはら、P-RUFF、H.TAKAHASHIの作曲担当3人と、映像担当の大澤悠大によって構成される4人組アンビエント・ユニットUNKNOWN MEが、アメリカの人気インディーレーベルNOT NOT FUNから新作『ASTRONAUTS』をカセットテープでリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。