アフリカンハウスの雄Black CoffeeがDrakeとのコラボについて語る。「Drakeはカルチャーに投資している」

Drakeのプレイリスト型の新作『More Life』はセールスも快調に伸ばし、Drakeにとって7作目のビルボードチャート1位を獲得した作品となった。

様々なジャンルのキュレーター的立ち位置にDrakeが座る、この新作には様々なアーティストが招集されている。例えばUKのグライムシーンを支えてきたGiggsやSkepta。彼らについてはすでにDrakeは何年も前からラブコールを送っていたので、参加するのも意外ではないだろう。

では南アフリカのハウスシーンのトップクリエイターBlack Coffeeはどうだろうか?『More Life』では"Get It Together"の原曲”Superman"を提供している彼は、すでにアフリカンハウスシーンでは大御所として扱われているが、多くのヒップホップリスナーにとっては彼の名前を今作で知ったという人も多いはずだ。アメリカのメディアPigeons & PlanesがBlack Coffeeに今回のコラボについてインタビューを行っている。

 

Black Coffeeはインタビューの中で、ヒップホップシーンと関わりのなかった自分にとってDrakeからのオファーは素晴らしいことだったと語っている。それは自分たちのやっている音楽は美しいものであるという確信があった。しかし予算が少ない中でPRもできない状況だったが、ヒップホップやR&Bシーンは大きな予算を持っている。その世界にいるDrakeがBlack Coffeeの音楽を発信してくれたのは、とても意義のあることだという。

また実際のコラボの経緯についても語っているBlack Coffeeは、実際Drakeとスタジオに入ったわけではなく、”Superman"のオーディオファイルをDrake側に送っただけだという。

さらにBlack Coffeeは今回のコラボがもたらす意味を語る。「私たちが音楽を愛している本当の理由は、人々を団結させてくれることだ。Drakeは現在最も巨大なアーティストだ。彼は私たち全員を団結させてくれた。Drakeはスマートなやり方で彼が光を当てた場所で存在感を発揮している。彼のUKのファン層はより強くなっている。これは投資だよ。彼はカルチャーに投資して、よりワールドワイドなことをしていく」とDrakeにとっても大きな意味のあることだとBlack Coffeeは話している。

related

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

Drakeが自身と同じ香りのするキャンドルを販売

今年5月にミックステープ『Dark Lane Demo Tapes』をリリースして以来まとまった作品は出していないものの、依然としてスターの地位を不動のものとしているDrake。そんな彼が、なんとフレグランス業界に参入し、まさかの商品を発売しようとしているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。