Drake『More Life』ストリーミングサービスでリリース週に6億回再生を達成

Drakeがプレイリストとしてリリースした『More Life』は初日Apple Musicにて9000万回再生を記録した。そしてユニバーサル・ミュージックのグループ・レーベルRepublic Recordsは昨日1週間で『More Life』は6億回の再生を達成したと発表している。

6億回のうち半分はApple Music上での再生であったと報告されている。Apple Musicの有料会員は2000万人であることから、会員は繰り返し聴いたことが推測される。

ちなみにDrakeの前作の『Views』は初週で2億5000万回の再生回数を記録している。

SpotifyではEd Sheeranが1周間前に樹立した初日の再生記録を更新したが、3億7500万回再生というEd Sheeranの初週再生回数記録を抜くことはできなかった。

RELATED

Billie EilishのSteve Jobs Theaterで行われたApple Music Awards受賞記念ライブがApple Music限定で世界115カ国にストリーミング

米国西海岸時間の12月4日に、第1回Apple Music Awardsの「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を受賞したBillie Eilishが、カリフォルニア州クパチーノのApple ParkにあるSteve Jobs Theaterにて受賞記念のスペシャルライブパフォーマンスを行った。

Spotifyが2019年および2010年代の音楽シーンを振り返るランキングを発表|Drakeが2010年代に最も多く再生されたアーティストに

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyが、2019年および2010年代の音楽を振り返るランキングを発表した。

Diploが「Twitterで言ったジョークのせいでDrakeに嫌われた」と明かす

先日はTyler, The Creator主催のフェス『Camp Flog Gnaw』にサプライズゲストとして出演したもののブーイングを浴びたことが話題となったDrake。トップアーティストとして多大な人気を誇る一方でビーフや人間関係上のトラブルを数多く抱えることでも知られる彼が、とある理由でDiploのことを嫌っていたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。