NYのビエンナーレで展示中の「棺の中に入った黒人少年」を描いた絵が論争を呼ぶ理由とは?

Dana Schutz, Open Casket (2016). Oil on canvas. Collection of the artist; courtesy Petzel, New York.

アメリカ・ニューヨークのホイットニー美術館で開催されているホイットニー・ビエンナーレ2017で展示されている絵画作品が多くの黒人アーティストからの批判を集めている。

"Open Casket"はニューヨークのアーティストDana Schutzによる絵画作品。この作品がアメリカの歴史上で未だ解決されておらず、癒えていないトラウマを搾取しているとして、多くの黒人のアーティストから抗議の声があがっている。

この絵画の題材になっているのは1955年にミシシッピ州でリンチに合い殺されたアフリカ系アメリカ人の少年Emmett Till(エメット・ティル)。イリノイ州出身の彼はミシシッピ州の親類を訪ねた際、白人女性に口笛を吹いたと因縁をつけられ、リンチに合い、目玉を繰り出され、銃殺された。そして遺体は重しを付けられ川に捨てられた。この事件は全米で抗議活動を巻き起こし、公民権運動に繋がった大きな出来事になった。

この絵画作品はエメット・ティルの報道写真を元にしている。エリオット・ティルの母親が棺を開いたまま葬儀を行ったため、死体の写真を撮影した報道写真が広まり、多くの人が目撃することとなった。*

アート系のメディアArtnetは、先週の金曜日に数人のグループがこの絵画の前に立ちはだかり、美術館が閉館するまでこの絵を見れないようにして抗議したと伝えた。

NewImage
Dana Schutz, Open Casket (2016). Oil on canvas. Collection of the artist; courtesy Petzel, New York.

ベルリンのアーティストHannah Blackはビエンナーレに対して公開書簡を公表し、「この絵は破棄されるべきであり、ミュージアムやマーケットに流通しないこと」を求めた。

今週火曜日にホイットニー・ビエンナーレ2017のキュレーターである、Christopher Y. Lew 、Mia Locksは以下のように公開書簡に回答した。

ホイットニー・ビエンナーレ2017は暴力、人種差別、死の直面といった痛み、困難さといった人間が経験してきた状況に光を当てています。

Dana Schutzの作品である"Open Casket (2016)"もアフリカン・アメリカンに対する長年の暴力を明らかにする、暗い歴史に光を当てるような作品です。特に、この作品は多くのアフリカン・アメリカンに大きな感情的共鳴を与えます。

この作品を展示することで人々に、アフリカン・アメリカンの歴史上そしてアメリカという国における人種関係の歴史上で、非常に重大なイメージとの重要性を知ってもらおうと思いました。展示のキュレーターとして、アーティストたちがこれらの重要なイシューについて探求するプラットフォームを提供できると信じています。

related

アナログノイズやファミコンのバグへの関心を元に自身の表現を行う岡田 舜の個展『砂嵐』がgallery communeで開催

アナログノイズやファミコンのバグなど初期のデジタル現象に関心を持ち、デジタルとアナログの中間を探るような絵画表現を行っている岡田 舜による個展『砂嵐』が、東京・幡ヶ谷のgallery communeで11/20(金)から開催される。

彫刻家・小畑多丘の平面作品のクロニクルとなる初の作品集が刊行

国内外から注目を浴びる彫刻家・小畑多丘のドローイングをはじめとした平面作品のクロニクルとなる初の作品集『Spectrum of the Move』が刊行される。

soh souenによる個展『ささやかな叫び A Modest Scream』が原宿のギャラリーThe Massで開催

藤原ヒロシの最新作『slumbers 2』のジャケットも手がけた福岡在住のアーティスト桑園創(クワゾノ・ハジメ)が、soh souenに名義を一新し初の個展『ささやかな叫び A Modest Scream』を原宿のギャラリーThe Massで開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。