Drakeの『More Life』にフィーチャーされたGiggsやSkepta、 Jorja Smithのアメリカでのストリーム数が増加

Drakeの最新作『More Life』はプレイリストと称してリリースされたものだ。そこにはDrakeが新しいアーティストを紹介したいという意図が含まれている。

そしてそのDrakeの目論見は成功しつつあるようだ。

『More Life』には4人のイギリスのアーティストがフィーチャーされている。その中で既にDrakeやKanye Westなどの作品に参加して、知名度の高いSamphaを除いたGiggs、Skepta、 Jorja Smithの3人のアーティストの楽曲はSpotifyでアメリカからの再生回数が増加している。

中でも顕著なのがGiggsで、再生回数が146%もリリース前の週末より増加した。"No Long Talk"と"KMT"の2曲で披露したパワフルなフロウはアメリカのリスナーの心をつかんだようだ。

そして21%アップとなったのがアメリカツアーも控えているSkeptaだ。Drakeがグライムシーンに関心を持つきっかけとなったアーティストの待望の登場は大きな効果をもたらした。

またシンガーのJorja Smithも11%アップとなっている。Drakeにとって新しい試みとなった『More Life』は、作品としても驚異的な再生回数となっており、2つの意味で成功しているといえるだろう。

related

Billie Eilishが自身とネットでやりとりをしているDrakeに対する「気持ち悪い」との声に反論

先日の2020年グラミー賞授賞式にて、主要4部門全てを含む5冠を達成する偉業を成し遂げたBillie Eilish。そんな彼女と個人的に親しくしているDrakeが、思わぬ批判を受けているようだ。

StormzyがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れるDrakeを称賛する

今年3月に来日公演を開催するUKのトップラッパーStormzyがCharlamagne tha Godとのインタビューで、DrakeがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れている事を称賛した。

FutureとDrakeのコラボ曲“Life Is Good”のMVが公開

先日よりコラボプロジェクトが予告されていたFutureとDrakeの二人が、コラボ曲“Life is Good”をリリース。同時にMVも公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。