Joey Bada$$が自身の楽曲"Waves"のビートをJ.Coleも使用した裏側を明かす

昨年の12月、J.Coleがニューアルバムのリリースに先駆け、ショートドキュメンタリー『Eyez』を公開した。ドキュメンタリーには多数の新曲が使用されていたが、その中の1曲"False Prophets"はJoey Badassのアルバム『1999』に収録されている"Waves"と同じビートが使用されている。

同じビートを使われた経緯について、JoeyがColeとの詳しいやりとりをロサンゼルスのラジオ番組のインタビューで明らかにした。

Joeyは去年の夏、Coleと出会ったのだが、なぜ"Waves"のビートで曲を書いたのか。Joeyによると、「Coleはツアーから返ってきて、そのシングルを書き上げたという。 ColeはYoutubeでビートを探しながら、曲を書いていた」と振り返る。そして、そのビートは"Waves"のビートだと知りながら使用したという。その後、JoeyはColeから「この曲でやりたい」と言われ、快く承諾した。

Joeyはその"False Prophets"については「聞いたときには、スパークした」と賞賛、「『Eyez』はColeのアルバム『4 Your Eyez Only』のプロモーションのためのものだったんだけど、それがラジオで毎日流れるなんて信じられないよ」と喜んだ。Joeyは"Waves"のビートはもうColeのものと付け加えた。

同インタビューでは、4/7にリリースされる新作アルバム『All-Amerikkkan Bada$$』の製作や先日、Geniusのインタビューに登場した際、反響を呼んだ2Pacについての発言についても改めて語られている。

先日GeniusのインタビューでJoeyは2Pacに対しての発言が波紋を呼んだ後、自身のTwitterで発言の釈明を行っている。そして、今回のインタビューでは「俺の音楽を聴いたことがない人たちが不満を持っていた。俺はあんなこと言っていない」と改めて釈明し、「2Pacは俺が一人前になった時から、最も偉大なメンターだ。みんな誤解しているよ」と強調した。

LeakersによるJoey Badassのインタビューは下記のYoutubeから視聴できる。(野口耕一)

related

J. ColeがNBAプレイヤーに転身するという噂が話題に

新曲をコンスタントにリリースし精力的な活動を続けているJ. Cole。そんな彼が、なんとラッパーからバスケットボールプレイヤーに転身するという噂が広がっている。

Nonameが「私はJ. Coleが言うような時代のリーダーじゃない」と苦悩を明かす

先日、J. Coleの新曲“Snow On Tha Bluff”の中でディスとも取れる言及を受け、それに対するアンサーとして新曲“Song 33”をリリースしたNoname。Black Lives Matter運動に十分にコミットすることが出来ない苦悩を明かしたJ. Coleに対し、NonameはJ. Coleによる自身に対する言葉が不当であること、また女性やトランスジェンダーが暴力を受けている現状を厳しく告発した(J. ColeとNonameのやり取りについての詳細はこちらのコラムを参照して頂きたい)。今回、先述の出来事を経たNonameが改めて自身の抱える苦悩を明かしている。

【コラム】Black Lives Matterが映し出すもの - NonameとJ. Coleについて -

日本でも各地でデモが開催されるなど、世界中で盛り上がりを見せているBlack Lives Matterの抗議運動。そんな中J. Coleがリリースした楽曲"Snow on Tha Bluff”のリリックが、抗議運動の急先鋒に立って動いていたNonameを揶揄していると話題になり、対するNonameも即座にJ. Coleへのリアクションも含んだ"Song 33"をリリースし、J. Coleの姿勢を糾した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。