次世代のカセットプレイヤーelbowの機能美に満ちたミニマルなプロトタイプ

レコードブームの次はカセットテープブームと言われている。国内外で多くのレーベルやアーティストがカセットテープならではのローファイな曲や実験的な曲をリリースしている。

同時にレコードやカセットテープのブームは、再生機器のプレイヤーの市場の盛り上がりをももたらす。事実レコードブームのおかげでBluetooth機能やハイレゾ、または宙に浮くレコードプレイヤーなどが開発され、市場に投入された。

今回紹介するのはELBOWと呼ばれる次世代のカセットプレイヤー。そのコンセプトはシンプル、ミニマルそのもの。カセットの再生機能そのものがプロダクトデザインになった美しい製品だ。

NewImage

ELBOWの特徴は何と言ってもその形状であろう。2つのアームがカセットテープをホールドし、片方のアームがカセットテープを回す。カセットテープのリールを回し、アームの支点に取り付けられているテープリーダーで音楽情報を読取る。読み取られた音楽情報はステレオミニプラグでイヤホンに、USBでコンピューターに送ることができる。またピンが付いているので、服にカセットごとプレーヤーを付けることもできる。

Elbow7

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

現在ELBOWはプロトタイプの制作中。実現に向けて音楽ファンにアンケートを実施している。

related

老人の独白をフィールドレコーディングで収集しカセットにアーカイブするOLD MAN ARCHIVESが新作をリリース

日常のふとした場面で遭遇する老人たちの生きた語りをフィールドレコーディングで採集し、カセットにアーカイブするプロジェクト『OLD MAN ARCHIVES』の最新作がリリースされた。

ビンテージカセットプレーヤーや貴重なカセット作品が展示されるPOP UP Shopがon Sundaysで開催中

国内でも再び注目を集めているカセットテープにまつわるポップアップストアが、3/15より東京・青山のワタリウム美術館内B1のon Sundaysで開催中だ。

『ストレンジャー・シングス』シーズン2のサウンドトラックがLPレコードとカセットテープでリリース決定

NETFLIXで配信されているアメリカの人気テレビドラマシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』。10/27からシーズン2の配信が始まるのだが、サウンドトラックのレコード盤とカセットテープが発売されることが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。