18歳、新時代のメロウネスを備えたシンガーKhalid

テキサス州はエル・パソ出身18歳のシンガーKhalid(カリード)が3/3にデビューアルバム『American Teen』をリリースした。

Khalidが初めて注目を集めたのは昨年デビューシングル"Location"をリリースした時だ。エクレクティックで優雅にグルーヴするスロージャムなトラックの上で、包容力を感じさせるセクシーなKhalidのボーカルが印象的なこの曲は、カイリー・ジェンナーやリタ・オラなどのセレブにSNSでピックされ、一気にチャート上位を獲得した。

 

 

デビューシングルからこれまでのオーソドックスなR&Bというよりも、TheWeekndやDrakeのOVOなどのテイストを受け継ぎ、エレクトロニックなサウンドなどを取り入れながら、甘い自身のボーカルとブレンドさせるKhalidは、まさに今の時代に生まれるべくして生まれたシンガーだといえる。そんな彼が音楽を始めたのは、「僕が産まれる前から歌を歌っていた母の影響」だという。

Khalid

ジャンルやカテゴリーに拘りはないという彼は、1人のソングライターとして旺盛に探求を続ける。

影響を受けてきたアーティストは、Alt J に始まり、Father John Misty、Sadé や India Arie からだね。Frank Ocean や James Fauntleroy にも影響されたし、Musiq Soulchildもだ。あげたらキリがないね。僕は、その瞬間に「自身が聞き惚れている姿が想像」できるような音楽を作っているんだ。

 

15曲を収録している『American Teen』は、ジャンルにこだわりがないというKhalidらしく、様々なテイストの楽曲を収録している。爽快感と甘酸っぱさが同居するディスコティックな"Let's Go"や、クラブの夜が明けかかった時間帯にぴったりの陶酔系メロウチューン"Reasons"、軽やかなタッチのギターをフィーチャーした"Saved"や、アトモスフェリックでミニマルな"Coaste"といった楽曲は、決してあれもやりたい、これもやりたいと欲張って作られたわけではないのが感じられる。どの曲もKhalidのボーカルの様々な側面を明かすものとなっているのだ。

Khalid

Khalidはアルバムについてこのように語っている。

この曲は若い2人の物語。世界中を旅して探すような純粋な<愛>がテーマなんだ。色々な背景を持つ全ての人達が、人生の中で一 度は手に入れたい、と思う<真実の恋人を探し求める物語>だ。見つけるのは簡単じゃないんだけどね。 制作はクレイジーでエキサイティングな素晴らしいプロデューサー達と同じ環境下にいられたおかげでとてもスムーズだったよ。 Syk Sense(Bryson Tiller や Drake 等を手掛けるプロデューサー)と OZ(Travis Scott、Chris Brown、Big Sean 等を 手掛けるプロデューサー)達とスタジオに入ってお互い、アイデアを出し合った。僕の意見を彼らが練ってより良い物にしてくれたんだ。大変 な作業だったけどとても楽しかったよ。彼らと共に制作していると素晴らしいアイディアがどんどん浮かんでくるんだ、毎日とても刺激的だよ。 だからアルバムは期待して待ってて欲しい。

Khalidのアルバム『American Teen』はiTunesなどで配信中だ。

related

Khalidの新曲"Know Your Worth"をApple Storeでオリジナルリミックスを作るセッションが開催

KhalidがDisclosureがプロデュースしたニューシングル"Know Your Worth"を本日リリースした。その楽曲を素材としてオリジナルのリミックスを作るセッションが2/7(金)から全国各地のApple Storeで開催される。

ReebokがKhalidとのパートナーシップ契約を締結

R&Bシーンの次世代スターで今年のグラミー賞年間最優秀レコード賞にもノミネートされているKhalidがReebokとのパートナーシップ契約を発表した。

Khalidの待望の来日公演が来年4月に決定

もっとも勢いのあるR&BスターKhalid(カリード)の来日公演、『Free Spirit World Tour 2020 Tokyo』が4/7(火)に、豊洲PITで開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。