A$AP Rockyのヴァースを含むFrank Oceanの新曲"Chanel"の謎のリミックス

Frank Oceanは昨夜サプライズで自身がBeats 1 Radioに持つ番組「blonded RADIO」を放送し、その中で新曲 "Chanel"をプレミア披露した。驚くべきはFrank Oceanはただ単純に新曲を公開しただけではなく、ラジオの中で"Chanel"が18回連続で掛けられ、その中の一つはA$AP Rockyのヴァースを含むバージョンだったということだ。

2時間の番組の後半1時間で、Frank Oceanは何を思ったのか新曲"Chanel"を繰り替えし再生した。繰り返し再生される中で突然ローファイなヴァージョンが再生され、A$AP Rockyのヴァースが入ってくるサプライズも仕込まれていた。

Frank Oceanのラジオプレイリストは以下のようになっている。

1. Mary Lou Williams, “St. Martin de Porres”
2. Alex G, “Mis”
3. Steve Lacy, “Dark Red”
4. Superorganism, “Something for Your M.I.N.D.”
5. Young Fathers, “Get Started”
6. DJ Shadow, "What Does Your Soul Look Like, Pt. 3"
7. J Dilla, “Dillatronic 09”
8. Thundercat, "Jethro"
9. Andy Stott, "Faith In Strangers"
10. Vegyn, "Templez of Light"
11. Todd Rundgren, "There Are No Words"
12. Frank Ocean, "Solo"
13. Jameszoo feat. Arthur Verocai, "Flu"
14. Whitney Houston, "Exhale (Shoo Shoo)"
15. Usher, "Superstar"
16. UGK, "Feds In Town"
17. Actress, "Ghettoville"
18. Aretha Franklin, "Ain't No Way"
19. Frank Ocean, "Chanel"

「blonded radio 2」はApple Musicの会員のみ、こちらのリンクから視聴できる。

Chanel - Singleの購入はこちらから。

http://frankocean.tumblr.com/post/158255593536

related

【特集】「私と『Blonde』」vol.2|「自己」の多層性を開ける

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

【特集】「私と『Blonde』」vol.1|butasakuによる往復書簡

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

A$AP ROCKY率いるAWGEとNEEDLESのコラボ第3弾アイテムがDOMICILE TOKYOにて発売

A$AP ROCKY率いるクリエイティブチームAWGEとNEEDLESのコラボレーション第3弾アイテムが8/21(土)よりDOMICILE TOKYOのオンラインにて発売される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。