ビヨンセ、マドンナ、ジョン・レジェンド、コールドプレイがジェンダー平等を求める公開状に署名

ビヨンセ、マドンナ、ジョン・レジェンド、コールドプレイがジェンダー平等(Gender Equality)の実現を求める公開状に署名した。

社会運動のプラットフォームサイトGlobal Citizenは、GUCCIが設立した少女と女性のエンパワーメントを目的とした団体CHIME FOR CHANGEとパートナーシップを組み、国際女性デーに合わせて公開状をリリースした。

CHIME FOR CHANGEは、ジェンダーの平等を目指すことは私たちの時代の緊急の問題で、今がそのチャンスであると訴え、
女性のエンパワーメントのためのアクションを一人ひとりに起こすことを求めている。

https://www.globalcitizen.org/en/campaign/barriers/

RELATED

TIDALがBeyonceとKanye Westのストリーミング再生回数を人為的に増加させた疑惑についてノルウェーの国家機関が調査を敢行

昨年より、Jay-Zによる音楽ストリーミングサービスTIDALがBeyonceの『Lemonade』とKanye Westの『The Life of Pablo』の再生回数を人為的に増加させた疑惑がノルウェーの新聞DagensNæringslivとノルウェー科学技術大学によって指摘されていた。現在、ノルウェーの経済犯罪捜査機関であるØkokrimが、TIDALによるストリーミングデータ操作疑惑についての調査を行なっていることが伝えられている。

スウェーデンで開催予定だった女性だけの音楽フェスが性差別だとして法律違反に

通常の音楽フェスでは出演者のジェンダーバランスが男性に偏ることが多く、更には女性へのハラスメントが問題になるケースもある。そのような状況を打破するためにスウェーデンで女性限定の音楽フェス「STATEMENT Festival」の開催が予定されていたが、現在イベントに暗雲が立ち込めているようだ。

Meek MillがJay-ZとBeyonceとの気まずい夕食の思い出を語る

先週金曜日にニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。同作には長くビーフを行なっていたDrakeとのコラボ曲“Going Bad”が収録されていることも話題となっているが、そんなMeek MillがまだDrakeとのビーフの真っ最中だった時期のエピソードを披露している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。