ミシェル・オバマが公立学校に多額の寄付を行ったChance The Rapperを讃える

Chance The Rapperは先週末に地元シカゴのあるイリノイ州知事と教育問題について議論を交わした。Chanceは知事に対し、緊急の対策の必要性を求めたが会談は不調に終わった。

その結果を受け今週月曜にChanceは地元の学校を訪問し、記者会見を開き100万ドル(約1億1000万円)の寄付をシカゴの公立学校に対し行うと発表した。

それに対しシカゴ出身のミシェル・オバマ前大統領夫人が、Chanceに対し感謝のツイートを行った。

ミシェルは「Chance The Rapperありがとう、私たちを育ててくれたシカゴのコミュニティーに還元してくれて。あなたは芸術教育の力の賜物」とツイートを行った。オバマ夫妻は地元出身のChanceのことを以前から気に入っており、大統領在任時には何度もホワイトハウスに招待していた。

Chanceの公立学校の寄付に対しては地元シカゴのラッパーLil DurkやLil Bibby、先輩シンガーのR. Kellyも賞賛の声を送っている。

RELATED

Chance The RapperがTwitterに「お気に入りの楽曲リスト」を投稿

先日、待望の1stアルバム『The Big Day』をリリースしたChance The Rapper。そんな彼が昨夜、Twitterで自身のお気に入りの楽曲を大量に投稿し話題となっている。

Chance The Rapperが新作への批判に対し「みんなに死ねと思われてるような気がする」と明かす

先日、待望の1stアルバム『The Big Day』をリリースしファンを大いに喜ばせたChance The Rapper。公私ともに絶好調にあるはずの彼だが、心の内に苦しみを抱えているようだ。

Chance The Rapperがデビューアルバム『The Big Day』を来週リリース

今年2月、7月にニューアルバムをリリースすると宣言してからというもの、具体的な動きを見せてこなかったChance The Rapperがついに新作のタイトルとリリース日、カヴァーアートを明らかにした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。