LINEが音楽レーベルLINE RECORDSを設立。第1弾リリースはKan Sanoが登場

コミュニケーションアプリなどを手がけるLINEが音楽レーベルLINE RECORDSを新たに設立、第1弾リリースとしてKan Sanoによる"LINE呼出音リミックス"を
本日よりLINE MUSICにて先行配信開始した。

LINEは2015年6月に、定額制オンデマンド型音楽配信サービスLINE MUSICをスタート、楽曲を個人で聴いて楽しむことはもちろん、LINEのプロフィール画面に好みの楽曲を設定できる「BGM設定機能」など、友だち同士のコミュニケーションの場で音楽と触れ合うという新たな視聴スタイルを提供してきた。

LINE RECORDSは音楽を通じたコミュニケーションの更なる活性化およびユーザーとの接点の拡大を目的としている。第1弾リリースとして、プロデューサーとして数多くのアーティストのライブやレコーディングに参加するKan SanoによるLINE呼出音(木琴)をリミックスした作品『MODERN LINE(Kan Sano LINE Remix)/ Kan Sano』が、本日よりLINE MUSICにて先行配信開始となった。

 

また同作は、世界21カ国のレコードショップが参加を表明しているレコードの祭典RECORD STORE DAY(レコードストアデイ)限定でアナログ盤の販売も予定しており、RECORD STORE DAY参加店舗にて4/22より購入可能だ。

★Kan Sano / MODERN LINE (Kan Sano LINE Remix)は、LINE MUSICで独占先行配信中!

URL:https://lin.ee/cLhToiU/lnms

仕事でもプライベートでもLINEは毎日使ってますし、自分にとってLINEの呼出音は生活音の一部です。
無数のメッセージたちが光の速さで夜空を飛び交い、今夜もどこかで物語が綴られていく。
感情のスピードに文字が追いついた現代のコミュニケーションの面白さや切なさをテーマに作りました。
あ、なんか来てる、、、(Kan Sano)

Info

Line Music

■MODERN LINE(Kan Sano LINE Remix)/ Kan Sano (2017年4月22日 発売)

価格:¥1,500+税

型番:HR7S049

仕様:7inch(限定カラーバイナル)

 

related

Sen Morimotoが2ndアルバム『Sen Morimoto』のリミックスアルバムをリリース決定|先行シングル第一弾“Woof(Kan Sano Remix)”がリリース

シカゴ在住の日本人SSW、プロデューサー、ラッパーSen Morimotoがセルフタイトルの2ndアルバム『Sen Morimoto』のリミックスアルバムをリリースすることが発表。 また本日、先行シングル第一弾として“Woof(Kan Sano Remix)”がリリースされた。

Maika Loubtéが“Show Me How”のKan Sanoによるリミックスを来週リリース

昨年10月にリリースされたMaika Loubtéの“Show Me How”のKan Sanoによるリミックスが9月22日にリリースされることが決定した。

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。