バンクシーがパレスチナにホテルをオープン | ホテルの窓からはイスラエルが建設した壁が見える世界最悪の眺望

もはや説明不要のイギリスのグラフィティ・アーティストのバンクシーがパレスチナのベツレヘムにホテルをオープンした。

イスラエルとパレスチナを分ける壁のすぐ横に建設されたバンクシーがプロデュースしたのホテル「THE WALLED OFF HOTEL」はホテル、ミュージアム、ギャラリーの機能を有している。ホテルの売り文句は「世界最悪の眺め」。もちろんイスラエルのパレスチナ占領を批判したものだ。

これは冗談ではなく、本当に泊まることができるホテルになっている。

ホテルの眺めはさておき、インテリアはバンクシーファンにとってはたまらないものになるだろう。ホテルは10部屋。客室クラスもいくつかに別れており、Artistと呼ばれる部屋には客室にはイスラエルの国境警備隊とパレスチナ人が枕投げを楽しんでいる絵が飾られている。

NewImage

Scenicという部屋からはパレスチナとイスラエルを分ける壁が見える。

NewImage

NewImage

低予算を意味するBudgetという部屋は、まるで軍の野営のようなインテリア。かなり安くで泊まることができる。

NewImage

NewImage

イギリスが第一次世界大戦後にパレスチナにユダヤ人の国家を建設することを認めたバルフォア宣言に関連した作品がピアノ・バーでは展示される。

ホテルの従業員は「最悪の経験をしてほしい。地元の人がどんな気持ちで壁に囲まれているかを知ってほしい」と語った。

なおウェブサイトにはFAT BOY SLIMのストリートパーティなども開催されると告知もある。

ホテルのウェブページはこちら

related

Banksyの半生を描く評伝『バンクシー 壁に隠れた男の正体』が発売

グラフィティアーティストとしてその名を馳せ、センセーショナルな作品で唯一無二の存在となったBanksyの評伝『バンクシー 壁に隠れた男の正体』が発売された。

BANKSY本人を捉えた作品集が発売

1997年より覆面アーティストBANKSYのマネージャーを務めたSteve Lazaridesが手掛ける、BANKSY 本人をとらえた作品集『BANKSY CAPTURED』が数量限定で発売。

BANKSYの活動にフォーカスした書籍『バンクシー 壊れかけた世界に愛を』が刊行

日本でも近年一般的に知られるようになったBANKSYの謎めいた活動を、ロンドン在住の研究者・吉荒夕記が現地取材した『バンクシー 壊れかけた世界に愛を』が美術出版社より9/10(火)に刊行される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。