ブラッド・ピット主演のNetflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』予告が公開

Netflixとブラッド・ピットが代表を務める制作会社プランBの共同制作によるアクション大作映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』が5/26に全世界同時オンラインストリーミングされることが決定、予告編が解禁された。

本作は、ジャーナリストの故マイケル・ヘイスティングスによる実在の人物を描いたベストセラーの原作から発想を得たオリジナル映画で、ひとりの将軍の栄光と衰退を描きながら、戦争の裏側に迫る内容だ。一部は実話であり、また痛烈なパロディでもあり、「果たして現実と創作の境界線はどこなのか?」という不穏な疑問を浮き彫りにする、まさにポスト・トゥルースの時代の作品といえる。

戦争の不条理に翻弄される主人公を巧みに演じるのが主演・プロデュースを務めるブラッド・ピット。更にはオスカー女優のティルダ・スウィントンや同じくオスカー俳優のベン・キングスレーなど、重厚で豪華な共演者たちにも注目が集まる。

Bradd Pitt
Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』5月26日全世界同時配信
Brad Pitt
Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』5月26日全世界同時配信

公開された場面写真と予告には、軍服に身を包んで闊歩する自信に溢れたブラッド・ピットの姿と戦いの裏側で動く政治、そしてマスコミたちと対峙のドラマなど、作品のエッセンスとなる部分を垣間見ることができる。

 

『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』は5/26にNetflixで全世界同時配信される。

https://www.netflix.com/jp/

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。