Cam’ronがトランプ大統領のミスを密告するネットワークをつくることを宣言

NYの重鎮ラッパーのCam’ronがトランプ大統領の包囲網をつくることを宣言した。具体的にはトランプ大統領のミスを密告するネットワークを作るという。

こうした密告はストリートのスタイル的にはスニッチ=密告者と呼ばれ軽蔑される類のもので、Cam’ronは以前隣に殺人鬼が住んでいても、密告しないと言っていた。しかしCam’ronにとってもトランプ大統領は隣に殺人鬼が住んでいるよりも脅威だったということだろうか。

人気番組『The Daily Show』に出演した際Cam'ronは大統領がどんなプライベートな場所でもミスをしたのを目撃したら、それを密告するのを奨励。Cam'ronは自身が育ってきたストリートでは密告は許されないと前置きしつつも、「時代は変わった、トランプが大統領なんだ。みんなくそったれの市民の責任でトランプが何をしたか密告しよう」と密告ネットワークを作ることを宣言した。

「もしお前が情報機関のメンバーなら、政府職員なら、トランプに恨みを抱いている愛人だとしたら、お前たちの知っていることをおれたちに教えてくれ。密告者はリッチになれるぜ。(Snitches get riches)」と締めくくった。Cam’ronのこの宣言はこちらで見ることができる。

 

related

Lil Wayneがトランプ大統領と面会|選挙公約「プラチナプラン」への支持を表明

アメリカ大統領選が目前に迫る現在、ヒップホップアーティストとトランプ現大統領との接近が次々と報じられ衝撃を与えている。先日はIce Cubeがトランプ陣営と面会していたほか、50 CentやLil Pumpといったラッパーがトランプ支持を表明していることも話題を呼んだ。そんな中、Lil Wayneがトランプ大統領と面会を行ったことが報じられている。

YGとNipsey Hussleの“FDT”を道路で流していたファンがトランプ支持者に殴られる事件が発生

2016年に、YGと故Nipsey Hussleがリリースし反トランプのアンセムの一つとなった“FDT”。あまりに直接的なフックのリリックがこれまで良くも悪くも様々な事態を巻き起こしてきたが、今回、この楽曲をきっかけにトラブルに巻き込まれてしまった人物が現れたようだ。

Twitterで「Racist」と検索するとトランプ大統領のアカウントが最初に表示されるようになる

アメリカの歴代大統領の中でも特にTwitterを頻繁に利用(是非は別として)してきたドナルド・トランプ大統領。そんな彼のアカウントがTwitter上で思わぬ表示の仕方をされるようになったことが話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。