DIM MAKの2017 SS COLLECTIONでは映画『キッズ』と『憎しみ』にフォーカス

Steve Aokiらによるレーベルとしても高い人気をほこるDIM MAKの2017 SS COLLECTIONが公開された。

今季は心の葛藤と混沌とした社会を描いた90年代のストリート・ムーヴィー『キッズ』と『憎しみ』に再びフォーカスしたコレクションを展開。

ピース、セルフ・ディストラクションをキーワードに、グランジだがクリーンなグラフィックを90年代のオーバーサイズなシルエットの中に表現している。

 

お問い合わせ先:
DIM MAK JAPAN
03-3477-5736

related

DIM MAK 2017AW COLLECTION LOOKBOOK

Steve Aokiによって設立された音楽レーベルで、2015年からアパレルコレクションも立ち上げたDIM MAKの2017AW COLLECTION LOOKBOOKが公開された。

CONVERSE TOKYOとDIM MAKのコラボラインがスタート

CONVERSE TOKYOから新たなメンズラインとして、Steve Aokiの運営するレーベル/ブランドDIM MAKとのコラボラインがスタートする。

70年代のシルエットや色使いを生かしたadidas Highlightsの2017SS LOOK

シーズンごとにadidasの幅広い製品からカテゴリーを越えて選び抜かれたアイテムが揃うadidas Highlightsの2017SSのLOOKBOOKが公開された。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。