DIM MAK 2017AW COLLECTION LOOKBOOK

Steve Aokiによって設立された音楽レーベルで、2015年からアパレルコレクションも立ち上げたDIM MAKの2017AW COLLECTION LOOKBOOKが公開された。

今期のテーマは「BEAT WITH BURROUGHS」で、ビート・ジェネレーションとその中心人物ウィリアム・S・バロウズからインスピレーションを得ている。

常に自己表現を探求しつづけ、集団を拒絶した、バロウズの観点からストリートウェアを構築した。

DIM MAK JAPAN
03-3477-5736

related

LOOPY HOTEL 2017 Autumn Collection | 映画『パンチドランク・ラブ』やマドンナにオマージュを捧げる

先日は福岡で高い人気をほこるショップAPPLE BUTTER STOREでもポップアップを展開したLOOPY HOTELの2017 Autumn CollectionのLOOKBOOKが発表された。

CULTCLUB 2017FW LOOKが公開 | GANGSTER DOODLES、JEROEN、YUNG LENOXなどの作品をフィーチャー

世界各地で活躍するアーティスト達の作品をアイテムに落とし込む、アートコレクティブCULTCLUBの2017FW LOOKが公開された。

ソウル発のブランドPRAGMATICの2017 AW LOOKBOOK | PULP 417 ÉDIFICEでポップアップも開催中

日本のストリートファッションのシーンとも深い関係を持つクリエイティブディレクターのJ. Sup Leeによる、韓国・ソウル発のブランドPRAGMATICの2017 AWコレクションがローンチ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。