FAKYの最新ミュージックビデオ"Surrender"が公開。監督は『Lost Youth』の木村太一

海外にも幅広くファンを持つガールズ・グループFAKYが新曲"Surrender"のミュージックビデオを公開した。

FAKYは昨年発表した"Candy"のミュージックビデオがすでにYouTube上で85万回以上の再生回数を記録、SUMMER SONIC 2016やa-nation stadium fes.などのフェスでのステージを経験し、2017年カムバックを果たした。

新曲"Surrender"はカラフルでポップなイメージを前面に押し出した前作とは打って変わり、タフでストイックなビッグルームライクなトラックに仕上がっている。ミュージックビデオはBoiler Roomでプレミア上映されたショートフィルム『Lost Youth』で知られる映像作家の木村太一が、クールなダンスシーンなどFAKYのソリッドな魅力が印象的なビデオに仕上げた。

 

"Surrender"は3/1にiTunesをはじめ各種音楽配信サイト及びサブスクリプションサービスで配信がスタートする。

Info

■FAKY Official Website

http://www.faky.jp

■FAKY Official YouTube Channel

http://www.youtube.com/FAKYjp

■FAKY Facebook Page

http://www.facebook.com/FAKYjp

■FAKY Official Twitter

http://twitter.com/FAKYjp

■FAKY Official Instagram

http://www.instagram.com/fakyjp/

■FAKY LINE Official Account

http://line.me/ti/p/%40faky

 

RELATED

【インタビュー】FAKY | 『Unwrapped』な強さと優しさ

Anna、Lil’ Fang、Mikako、Akinaの4人で構成されるガールズグループFAKYが、6/14にメジャーデビューミニアルバム『Unwrapped』をリリースする。 2013年から活動を開始したFAKYだが、2014年にグループリニューアルを発表、1年間の活動休止も経験する。 ...

2016 Best Or Worst by FAKY

いよいよ2016年も残す所、12月を残すのみ。今年も様々な作品の話題や、トピック、ムーブメントが起きては過ぎ去り、慌ただしい日々を過ごしていたという人も多いはず。そんな2016年をFNMNLなりに振り返る企画「2016 Best or Worst』。様々なジャンルで活躍する方々に、今年の個人的なベストもしくはワースト、もしくは両方をあげてもらった。

注目グループFAKYがWebドラマ『Are You OK?』のメインキャストに起用される

映画『お父さんのバックドロップ』や『デトロイト・メタル・シティ』などで知られる李闘士男監督が手掛ける新インタラクティブWebドラマに、新星ガールズグループのFAKY(フェイキー)がメインキャストとして起用。視聴者によって物語の行方が変化する新感覚ドラマを展開する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。