Chance The Rapperが地元シカゴに対するトランプ大統領のツイートに苦言「シカゴを第三世界の国のように話すのはもう飽き飽きだ」

グラミー賞の最優秀新人賞を受賞したChance The Rapperといえば、地元シカゴのためにこれまでも多くの貢献をしてきた。

先般の大統領選挙の時は、投票所へのパレードを行い投票行動を促したり、現在は地元シカゴのアフリカ・アメリカ史博物館の運営委員にも選出され活動を行っている。

そんなChanceがトランプ大統領の地元シカゴについてのツイートに怒りを示した。

ChanceはESPNでNBAシカゴ・ブルズのスター選手ジミー・バトラーとの対談を行った。

 

対談の中でChanceはトランプ大統領の「シカゴは「大虐殺」を解決しなければ、連邦捜査員を送り込むぞ」というツイートに触れた。

「トランプ大統領には教育予算や住宅支援などの政策を実行するためにシカゴに来て欲しい」とChanceは話し、「シカゴを第三世界の国のように話すのにはもう飽き飽きだ。彼のツイートはまるでシカゴと戦争しようと宣言しているようなものだ。僕はそうしたフィルターを通して物事を見られるのはとても嫌だ」とその挑発的な物言いを批判した。

それに対しバトラーも「もしシカゴが暴力的というカテゴリーに入れられ続けるとしたら、変わったとしてもそのように見られ続けるだろう」と一面的な見方を続けても、シカゴの状況は変わらないと指摘した。

 

 

related

Chance The Rapperが『ホームアローン』のリブートバージョンを企画中と明かす

Chance The Rapperが先日人気TV番組『The Tonight Show』にリモート出演し、そこで現在計画中のある企画について明かした。

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。