グラミー賞ベストラップ賞にはDrakeの「Hotline Bling」、ベストラップパフォーマンス賞はChance The Rapperが「No Problem」で受賞

現在行われている59回目のグラミー賞のラップ各部門が発表され、ベストラップ賞にはDrake、ベストラップパフォーマンス賞にはChance The Rapperがそれぞれ選出された。

これは本編前に発表されたもので、8部門にノミネートされているDrakeはまずベストラップ賞とベストラップ/サングコラボ賞を"Hotline Bling"で受賞した。

グラミー賞の選出基準を変えるきっかけになったChance The Rapperは"No Problem"でベストラップパフォーマンス賞を受賞、Chanceは他に最優秀新人賞、最優秀ラップアルバム賞など5部門にノミネートされている。

他にはベストミュージックビデオ賞を最多9部門にノミネートされているBeyonceが受賞、ベストR&Bパフォーマンス賞をSolangeが獲得し姉妹での受賞となった。

Update
Chance The Rapperは最優秀新人アーティスト賞も受賞した。

グラミー賞の詳細はオフィシャルサイトで。

related

Drakeが製作総指揮、Zendayaが主演するドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』がU-NEXTで配信

HBOが気鋭スタジオA24とタッグを組み、Drakeが製作総指揮をとったドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』が、本日6/30(水)からU-NEXTで独占配信開始となった。

Chance The Rapperが『ホームアローン』のリブートバージョンを企画中と明かす

Chance The Rapperが先日人気TV番組『The Tonight Show』にリモート出演し、そこで現在計画中のある企画について明かした。

2021年グラミー賞の受賞者が発表|Megan Thee Stallionが最優秀新人賞、H.E.R.が最優秀楽曲賞を受賞

今年もいよいよ幕を開けたグラミー賞の授賞式。以前よりそのノミネーションが批判の対象となり、The weekndがボイコットを表明するなど例年と比べ波乱の展開を見せた今年のグラミー賞だが、その受賞者が発表となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。