Waka FlockaがGucci Maneへのディス曲「Was My Dawg」を発表。「インターネットはストリートじゃないんだ」

共にBrick Squadのメンバーとして活動し、2011年にはコラボアルバム『Ferrari Boyz』もリリースしたラッパーのWaka FlockaとGucci Maneのビーフが再燃しそうだ。本日WakaがGucciに向けたディス曲"Was My Dawg"を発表した。

両者は2013年にもビーフを起こし、それ以後WakaはBrick Squadでの活動を行っていない。2013年のビーフ後は関係は良好になったとはいえないものの、落ち着いた状態に戻っていたが、Gucciが刑務所から出所したこともあり、リリースなどの動きが活発したことが原因なのだろうか、Wakaの今回のディス曲に至ってしまった。

ディス曲のリリース前にWakaはBBC Radio 1Xtraのインタビューに出演し「Brick Squadに戻るのはありえない。Brick Squadは歴史上のものだ。おれは楽しんだし、Brick Squadを愛していた。おれの今があるのはBrick Squadのおかげだ。でもいい加減にしろ。インターネットはストリートじゃないんだ」と感謝を示しつつも、Gucciへの怒りを口にしていた。

Waka

"Was My Dawg"のカバーアートは明らかにGucciのシルエットに?マークと天使の羽がついているものだが、これについて聞かれるとWakaは「この曲はディス曲じゃないんだ。そうじゃなくて真実を語る曲だ」と語っている。

曲の最後にはWakaがインタビューに答えている箇所があり、そこでWakaは「Gucciが出所してから、イーストアトランタでビデオを撮ったか?」と意味深な事実を示唆している。さらに前述のBBCのインタビューでも「イーストアトランタの人々を照らしだそう。おれはヘイターじゃない。ただ真実を明るみに出している。アトランタには本当のヤバい奴らがいる、イーストの本当の王さ。それは1人の人間ではないよ」と、長くアトランタの顔役的なポジションにいたGucciの、そのポジションが不適切であると示唆した。

アトランタのストリートの覇権を争うような大掛かりなビーフに発展してしまうのだろうか?今後の動きに注目が集まる。

related

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

Gucci Maneが「Gucciの内部に自分のブランドを持った」と語る|7月にリリースの新作のプロモーションか

昨年にはついにGucciとのコラボレーションを公式に実現し、LOOKへの登場を果たしたGucci Mane。そんな彼が、モデルを務めるに留まらずGucciの内部に自身のブランドをオープンさせることを計画しているようだ。

ついにGucci ManeとGucciのコラボが実現 | LOOKはハーモニー・コリンが撮影

10月1日、Gucci Maneが自身のInstagram上でファッションブランドGucciとのコラボレーションが決定した事を発表した。Gucci Maneは『Gucci Cruise 20』というコレクションに参加し、映画監督のハーモニー・コリンが制作した、いくつかのルックを自身のInstagra...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。