Beyonceが「Formation」で無断に声をサンプリングしたとして20億円の賠償を求められる

ビヨンセが亡くなったラッパーの声を無断でMVで使用したとして、2000万ドルの損害賠償を求めて訴えられたことが判明した。

"Formation"はリリースされて以来、警察の暴力に抗議するサウンドトラックになっているが、その一方でバックラッシュにも合っている。ニューオーリンズのハリケーン・カトリーナで浸水した街で撮影したMVが「被災地を消費している」という批判もうけている。

 

ビヨンセは"Formation"のMVの01:00〜あたりでラッパーでYoutuberのMessy Myaの声のサンプリング。サンプリングされたのはMessy MyaのYoutube動画"A 27 Piece Huh?"での音声だ。YoutubeのスターであったMessy Mayは2010年に銃で殺害されている。

その声の無断使用として財産管理団体がビヨンセに対して20億円の賠償を求める訴訟を起こした。

related

Megan Thee Stallionの“Savage”のBeyoncéによるリミックスがリリース|ポルノサイトがBeyoncéによってネームドロップされたことも話題に

今年はレーベルとの契約問題等を乗り越えアルバム『SUGA』をリリースし、スターとしての地位を確立しつつあるMegan Thee Stallion。そんな彼女の楽曲“Savage”に、なんとBeyonceが参加したリミックスバージョンが今週水曜日にリリースされた。

Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

Jay-Zが自身とBeyonceとSaweetieを撮影しようとした男から携帯を奪い取る

先週土曜日に開催されたDiddyの誕生日パーティ。Jay-Z、Beyonce、Kanye West、Pharrell Williamsなど大勢のセレブが出席する会場の中で、Jay-Zのとった行動が話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。