『ジョン・ウィック』をSM官能小説風にするとこうなる?

アメリカで最も視聴率の高いと言われている「スーパーボウル」
ゲームには勿論、スーパーボウル時のコマーシャルもいつもよりユニークになっているので注目すべきだ。
特に映画関連のものでは、スペシャルティザーなどが流れている。
なかでも特にファニーだったのは、あの男の続編映画の特別予告編だ。
文: ANAIS(アナイス)

犬を殺された男による復讐劇を描いた、キアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』
一作目からその豪快・壮快・圧巻であるアクションにより、かなりの高評価を得た作品だ。
その続編である『ジョン・ウィック2』が全米で2月10日に公開される。

その日には実はもうひとつ、一作目で大ヒットを記録(?)した続編が公開される事になっている。
そのある作品にちなんで、パロった『ジョン・ウィック2』のスーパーボウルスペシャルティザーがこちらだ。

 

そう、ある作品とは『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
全米大ヒット官能小説を原作とした『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編である。

最初は一見それっぽくやっていたのに、途中から官能らしさのかけらもない始末に。

「Rough night ? (忙しい夜?)」 「Rough night.(まあね)」
という最後の掛け合いは、全く“忙しさ”に性的な意味を持っていないという意味でのジョーク。

既に第三弾や、前日譚を描くテレビシリーズの話も出てきている『ジョン・ウィック』
待望の続編、日本での公開は7月7日の七夕の日だ。

文: ANAIS(アナイス)

雑誌「エルガール」のオフィシャルキュレーターを務めながら、フリーライター兼モデルとして活動中。映画を中心に、カルチャー全般の執筆を行っている。
ELLE GIRL OFFICIAL BLOG

related

21 Savageがサントラのプロデュースを手がけた『スパイラル:ソウ オールリセット』| 「子供の頃から『ソウ』シリーズを見て育ってきた」と明かす

スリラー映画『ソウ』シリーズの最新作『スパイラル:ソウ オールリセット』が、9/10(金)に全国公開される。今作は過去8作をアップデート&リセットした作品となっていて、「ソウフリーク」として知られるクリス・ロック、さらにはサミュエル・L・ジャクソンも出演している。

富田克也監督の『サウダーヂ』が公開10周年を記念してデジタルリマスター版が劇場公開決定 | 田我流も出演

富田克也が監督、制作を富田や相澤虎之助など映像制作集団「空族」が行なった映画『サウダーヂ』の公開10周年を記念して、10/23(土)からデジタルリマスター版を新宿・K’s cinemaで劇場公開する。

ハーモニー・コリンの衝撃作『トラッシュ・ハンパーズ』が京都みなみ会館にて特別上映

ハーモニー・コリンのキャリア史上最大問題作と言われる『トラッ シュ・ハンパーズ』(2009)の特別上映が、京都みなみ会館にて7月17日(土)に行われる。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。