Drakeが新曲で若手ラッパーたちのフロウを盗用?

Drakeは足の怪我のため延期していた『Boy Meets World Tour』に復帰して、最初にアムステルダムでライブをおこなった。ライブ中にDrakeはUKのMC Giggsとの新曲をプレビュー、その曲でのDrakeのバースが若手ラッパーLil Uzi VertやPlayboi Carti、XXXTENTACIONなどのフロウと似ていると話題になっている。

この曲はDrakeが3月にリリースすると噂されている新しいプロジェクト『More Life』に収録されるものとみられている。

動画がTwitterなどで拡散されると、Drakeのこの曲でのフロウがLil Uzi VertやPlayboi Cartiなどの若手ラッパーに似ているとの指摘が上がっている。

なかでも最も多く指摘されているのがフロリダの若手ラッパーで今年ブレイクが期待されているXXXTENTACIONの"Look At Me"との酷似だ。

アメリカのメディアPigeons & PlanesはTwitterに比較する動画を投稿している。確かにこの新曲でのDrakeは、これまでの自分のレパートリーにはないフロウを試しており、XXXTENTACIONのつんのめるようなフロウと共通点も多い。

Drakeにはレゲエシーンからや最近ではヒップホップシーンからもスタイルの盗用の批判が行われている。トレンドに敏感なアーティストであるが故、こうした批判がつきまとうはのは仕方ないとはいえ、自分よりも明らかに若いアーティストたちの楽曲から容赦なく引用するのはいかがなものだろうか?

 

RELATED

Lil Uzi VertのインタビューがGQで公開|「音楽は家族を喜ばせるためにやってる」「普通になりたい」と語る

昨年よりアルバム『Eternal Atake』をアナウンスしつつも一時は引退を宣言するなど、今年はトラブルが続くこととなったLil Uzi Vert。そんな彼の貴重なインタビューがGQから公開されている。

WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

DrakeがNBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートを練習

Drakeといえば、地元トロントのNBAチームであるトロントラプターズに対する過剰な愛も話題になるほどのバスケ好きとして知られているが、そんな彼が今回、NBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートの練習を行った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。