UKの名レゲエ・セレクターDavid Rodigan(デイビッド・ロディガン)の自伝『My Life in Reggae』が3月に刊行 | 出版ツアーにはJazzie BやDaddy Gも登場

UKの名レゲエ・セレクターDavid Rodiganの自伝『My Life in Reggae』が3月に刊行される。タイトルにあるようにRodiganの40年に渡るレゲエへの愛と、イギリス軍曹長の息子として生まれ、世界のレゲエ・シーンに名が知れ渡ったセレクターとなり、何世代ものレゲエファンに愛される存在になった、Rodiganの半生が語られている。

40年間、レゲエ界のビッグネームたちのビンテージ・ダブプレートを携えてRodiganは数えることができないほどのサウンドクラッシュを闘ってきた。もちろん彼はレゲエ界のビッグマンであり、同時に大のレゲエファンなのである。

現在65歳のRodiganは、全国各地のフェスティバルやパーティに出演を続ける他に、毎週BBC Radio 1Xtraと夏の3ヶ月の間に放送されるBBC Radio 2のシリーズで活動している。

GoldieはRodiganを「伝説を超えた存在」と評する。3月の刊行に合わせて、Rodiganは刊行ツアーを行うが、そのツアーではQ&Aセッションも行われ、Jazzie BやMassive AttackのDaddy Gもゲストで登場する。

David Rodigan BBC Radio

David Rodigan 『My Life in Reggae』 - Amazon

related

新しい時代のジェンダーとしなやかな男性のあり方を模索した書籍『男らしさの終焉』が発売

ターナー賞アーティストであり、異性装者(トランスヴェスタイト)としても知られるグレイソン・ペリーが、新しい時代のジェンダーとしなやかな男性のあり方を模索した一冊『男らしさの終焉』を発売した。

ヴェイパーウェイヴの世界初となるディスクガイド『新蒸気波要点ガイド ヴェイパーウェイヴ・アーカイブス2009-2019』がDU BOOKSより発売

2010 年代初頭のインターネット上に突如現れ、80〜90年代のさまざまなカルチャーを内包しつつ独自に発展を遂げるジャンル「ヴェイパーウェイヴ」。その誕生から現在までを紐解くディスクガイド『新蒸気波要点ガイド ヴェイパーウェイヴ・アーカイブス2009-2019』が、DU BOOKSより12月6日に発売される。

Kanye Westに迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が発売中

以前FNMNLでも本文の一部を独占公開したKanye Westの芸術的才能とその人物像、アメリカ社会への影響に迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が発売中だ。 2010年代の代表作『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』全曲と、デビュー作や『Yeezus』を分析すること...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。