Snoop Doggがマイリー・サイラスに大量のマリファナをプレゼント

Snoop Doggは自身のニュース番組でゲストに自らマリファナを巻いてプレゼントするなど、その普及に積極的だ。そしてマイリー・サイラスは自身がウォルマートで展開していたブランドが、マリファナが原因で消滅するなど熱狂的なマリファナ好きで知られている。

先日マイリーのボーイフレンドLiam Hemsworthの27歳の誕生日パーティーが開催されたが、そのパーティー用にスヌープは大量のマリファナをプレゼントしたのだ。

Snoopがプレゼントしたのは自身のマリファナブランドMary Janeのもの。そのプレゼントを受け取ったマイリーは大喜びでその様子をInstagramにアップした。

@merryjane hooked it up! Wowzyyyyyyyy! Thanks Uncle @snoopdogg for being such a dope ganja innovator

Miley Cyrusさん(@mileycyrus)が投稿した写真 -

 

さらにマイリーとパーティーに出席していた友人たちは、西海岸に住むSnoopからのプレゼントということで、伝説のウェッサイヒップホップグループN.W.Aのフォントを用いて改めてSnoopに感謝のメッセージを送った。

related

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

ラッパーのルックスをおばあちゃんが評価する動画が話題|Snoop Doggには15点、DaBabyには1点

ラッパーを好きになる要素として、その人物の佇まいやファッションは小さくない部分を占める。誰しもルックスにはそれぞれの好みを持っているものだが、それは高齢の方にとっても同じであるようだ。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。