反LGBTという疑惑を払拭できなかったCoachellaに出演するヘッドライナーに対して、LGBT団体へのサポートを求める署名がスタート

先週FNMNLでも報道したように、Coachellaの主催団体であるAEG Live社のオーナーPhilip Anschutzは「反LGBTQ団体に寄付をしている」という噂を否定した。しかしながら、その説明は多くの人を納得させず、CoachellaのヘッドライナーにLGBT団体をサポートすることを求める署名には6000人以上の署名が集まっている。

Philip Anshutzは、今年4月にBeyonceとKendrick Lamar、Radioheadをヘッドライナーにして開催される世界一のフェスと名高い、Coachellaの主催団体Goldenvoiceを持つ、AEG Liveのオーナー。石油、鉄道、通信、そしてエンタメ産業で成り上がった経営者であり、ロンドンのO2スタジアムの経営、ブルックリンのバークレー・センター、NBAのロサンゼルスLakersの共同オーナーの一人である、様々なエンターテイメントの背後にいるビッグネームの一人。もちろん、今週水曜日に発売されたCoachellaのチケットは約3時間で全て完売となり、Coachella人気の高さを見せつけた。

マイノリティの権利やリベラルな価値観を大事にする音楽フェスのAfropunkは、Anschutzが2010年から2013年にわたり反LGBTQの主張を行う、Alliance Defending Freedomやthe National Christian Foundationに、19万ドル(約1900万円)の寄付を行ったと報道。さらにAnschutzは去年の大統領選挙の際は、なんと101万2000ドル(約1億100万円)もの献金を様々な共和党の候補者(ただしドナルド・トランプ以外)に行っている。

Anschutzは共和党内でも反トランプの姿勢を一貫しており、共和党の候補選出の際にも反トランプキャンペーンの一員として活動を行っていた。ただしAnschutzはトランプよりも極右的な政策で知られる、Mike Penceにはかつて寄付を行っている。

またアメリカの政治を牛耳っていると噂される報道が露わになるとインターネットのLGBTQコミュニティやリベラルなファンたちからは不満の声が上がった。それを受け、Anshutzは声明を発表し、噂を否定した。

しかし、多くの音楽ファンやLGBTQコミュニティは、彼がそのようなグループに関わっているという事実が払拭されたわけではないとし、署名を開始した。その署名はヘッドライナーたちに、LGBTをサポートしたり、LGBTの権利向上を求めるThe Trevor Project、Trans Lifeline、the Human Rights Campaignなどの団体に寄付をするよう要求するものだ。その署名には6700筆以上の署名がすでに集まっている。

「トランスジェンダーの女性として、そしてLGBTQのコミュニティを代表するものとして、ヘッドライナーのアーティストたちにはこの悲惨な状況をポジティブなものに変えてほしいと願う」と、Care2 LGBTQ Issuesの代表であるSarah Roseは言う。「死ぬほど音楽が好きで、自分自身もミュージシャンであるから、音楽は差別のために使われるべきではないと信じている」と語った。

Care2 Petitions

related

Kendrick Lamarらによる新会社pgLangがCalvin Kleinとコラボしたショートフィルム8本を公開

昨年、Kendrick LamarやBaby Keem、ビデオディレクターのDave Freeらによって設立が報じられた新会社pgLang。そんな同社がCalvin Kleinとコラボして制作した8本のショートフィルムを先週公開した。

Kendrick Lamarのエンジニアが「彼には6枚アルバムを作れるだけの未発表曲がある」と明かす

長らく新作のリリースを待ち続けられているKendrick Lamar。アルバムは未リリースながらコンスタントに制作を行い続けているという彼は多数の未発表曲の存在が噂されているが、今回、彼のエンジニアをキャリア開始当初から務めているMixedByAliが未発表曲の数について語っている。

Kendrick Lamarが新作のリリースに時間がかかる理由を語る

長らく新作のリリースを待たれていながら未だ実現に至っていないKendrick Lamar。先日は所属レーベルTDEからの離脱の噂が報じられ(後に否定)話題を呼んだが、今回、そんな彼がインタビューの中で新作や新会社pgLangについて語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。