Chance The RapperがKanye Westのオファーを蹴ってインディペンデントアーティストであり続ける理由

アメリカのTV局ABC NewsでChance The Rapperのツアーの最終日に密着する特集が放送された。その中でChanceは再び自身がインディペンデントにこだわる理由を語っている。

Chanceは今年Kanye Westからアーティスト契約をしたいと迫られており、Kanyeの誘いを断るのは難しいと話した。「Kanyeに絶対にノーだと言うのは簡単じゃないよ。この戦いを続けるのは難しいよ。でも僕はなんとか契約なしでできるということを、みんなに教えたいんだ」

インディペンデントにこだわる理由については「僕はアーティストに自由を取り戻したいんだ、そしてアーティストの最も重要なことであるリリースを、どうやってアーティスト自身がコントロールできるかということについて、1つのアイディアを示したいんだ」

そして「僕がインディペンデントでやっていく上で、ストリーミングとフリー・リリースが人々に認知してもらえる、いいのろしになったとわかったんだ」と自分にはストリーミングやフリーリリースの方法がマッチしたと語った。ABC Newsでの特集は下のプレイヤーから見ることができる。

related

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

Chance The Rapperが『ホームアローン』のリブートバージョンを企画中と明かす

Chance The Rapperが先日人気TV番組『The Tonight Show』にリモート出演し、そこで現在計画中のある企画について明かした。

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。