ロンドンの人気DJユニットHipsters Don't Danceがセレクトする2016年のアフロビーツ Top10

KazabonとHootie WhoはDJユニットHipsters Don't danceとして、誰もアフロポップ/アフロビーツと現在呼ばれる曲達を知らない頃からDancehallと共に、その音楽を自分達のDJセットに取り入れ、ダンスフロアを揺らしてきただけでなく、クラブミュージックとしてのアフロビーツのトレンドをロンドンから引っ張ってきた二人である。今回は彼らにアフロビーツと呼ばれるジャンルがWizkid等のブレイクで知れ渡る事になった今年、2016年から彼らのお気に入りの10曲をセレクトしてもらった。

2016年のアフロビーツ Top10 by Hipsters Don't Dance

Burna boy - "Pree Me"

 

コメント

Burna Boyがブレイクしたのはすごく嬉しかった。特にこの曲"Pree Me"で彼と彼の元々のプロデューサーであるLeriqが再びチームを組んでマジックを起こした事は自分達も含めたファンにとっては熱い出来事だったんだ。

Mr Eazi - "Skin Tight"

 

コメント

2016年はMr Eaziにとって最高の年になったと思う。このSkin Tightは僕らのお気に入り。独特な歌声とスタイルを持つ彼の、来年のさらなる活躍を期待してる。

Eugy - "Dance for me (feat Mr Eazi) "

 

コメント

Dabダンスの流行は2017には終わって欲しいと思ってるけど、この曲は来年以降もずっとプレイするつもりだね。2016年にイギリス中のラジオでかかりまくった曲の1つ。世代を超えてヒットした曲だったと思う。

Kwamz & Flava – "Takeover"

 

コメント

彼らは南ロンドンのペッカムで育った2人組なんだけど、今年メジャーレーベルであるSony系列のBlack Butterとサインして、既に人気があったこの曲を正式にリリースした事によって更なる成功を収めた。2017年にはもっとビッグになるだろうね。

DJ Maphorisa feat Wizkid and Dj Buckz - "Soweto Baby"

 

コメント

恐らくWizkidがアフロビーツシーンで一番多才なアーティストだと思う。この曲では南アフリカのハウスのレジェンド的なグループUhuruのMaphorisaとDJ Buckzと組んで、このアフロビーツのクラシックが産まれたんだ。

MHD - "Roger Milla"

 

コメント

MHDはフランスでは大スターで、それに値するアーティストだと思う。Afrotropという音楽を世界に広めた。パリのサッカーチーム、PSGの選手もゴールパフォーマンスでMHDのダンスを真似たりしてるんだ。

DJ Lag - "Icedrop"

コメント

今年は、Goon Club Allstarsっていう素晴らしいレーベルから、僕らが好きなGqom(ゴム)のチューンがリリースされたんだ。腹部を突き抜けるような最高のベースが、UKのクラブの雰囲気にぴったり合うんだよね。

Tekno – "Pana"

 

コメント

半年もの間、ナイジェリアのラジオで最もプレイされた曲がこの曲。新旧のアフロポップのスタイルを上手く融合させたチューンで、Teknoという若いアーティストをスターへとのしあげた1曲だね。

Olamide - "Who You Epp"

 

コメント

この曲はもともとMCコンテストとしてOlamideのオケにMCを募集して、ベストに選ばれたMCには賞金が出るという形でリリースされたんだ。最終的に勝ったのはナイジェリアのスターであるWande coalとPhinoだったね。

J Hus - "Friendly"

 

コメント

J Husが今年のRedbull Culture ClashでMixpakのステージ に立ったのは興奮した。2017年はAfropopとロードラップをミックスさせたパイオニアである彼にとって更に飛躍の年になると思う。

Hipsters Don't Dance ( Kazabon & Hootie Who ) 

Hipsters Don't Dance

それぞれトリニダードとナイジェリアをルーツに持つKazabonとHootie WhoはDJユニットHipsters Don't Danceとして同名のパーティーを東ロンドンでスタートさせ、DancehallとSoca、AfropopとUK産のダンスミュージックを織り交ぜたスタイルで人気を集める。UK中のクラブだけではなく、WirelessやBlock等の大型フェスやNotting Hill Carnivalでもプレイし、彼らのゲストミックスはBBC1やBBC1 XtraやNTS等のラジオでもプレイされ好評を博した。現在はRadar Radioにて隔週の水曜日のイギリス時間で18-20時にレギュラー番組を持っている。

www.hipstersdontdance.com 

facebook.com/hipstersdontdance

twitter.com/hddldn

soundcloud.com/hipsters-dont-dance

mixcloud.com/HipstersDontDance 

related

UKアフロビーツシーンの今を伝えるコンピレーション『MOVES』

WizkidやMr. Eazi、Ayo Jayなどのスターの登場で注目されているアフロビーツシーン。ナイジェリアなどのアフリカ大陸と同様に、大きな盛り上がりを見せているのがイギリスだ。

アフロビーツ界のホープDavidoが来年リリースの新作でRae Sremmurd、Young Thug、Future、Popcaan、Stromaeらとのコラボ?

アフロビーツ界のホープDavidoは2017年発表予定の自身のアルバムにRae Sremmurd、Young Thug、Migos、Future、Trey Songz、Popcaan(ジャマイカ)、DJ Snake(フランス)、Stromae(フランス)、Giggs(イギリス)らが客演参加していることを明かした。

FADER紙によるUKで活動する多様なバックグラウンドや文化背景を持つアーティスト9組

マルチカルチャルなUKの都市のロンドンやバーミンガム出身で、ジャンル横断的なアーティストをFADER紙がセレクトしているので紹介したい。そのリストはアフリカン、カリビアン、ダンスホール、アフロ・ポップ、ヒップホップ、グライム、R&Bと多様だ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。