Fader誌が選ぶ、ブラック&ムスリム女性向けインディーファッションデザイナー

有名ファッションブランド、セレブ、ストリート、ラッパーたちが着用するメインストリームのファッションブランドやファッションスタイル以外にも目を向けてみよう。新たな世界が広がるはずだ。

1. Neïcy

トロント在住のOmnia AbdorboとMaria Mihamiによるブランド。https://www.neicyshop.com/

2. A M A R A

A photo posted by A M A R A (@amara_line) on

Najma HassanとFurdos Nurhussienによるブランド。高級なヒジャブ(イスラムの女性用スカーフ)で有名に。女性(特にダーク・スキン)に色彩を。というコンセプト。

3. Emanidil Designs

A photo posted by EmanIdil (@emanidil) on

ジャーナリストでカナダの放送局で働くEman Idil Bareによるブランド。来年1月からオフィシャルオンラインストアがオープン。

4. Alene Collection

A photo posted by A L E N E (@alenecollection) on

ファウンダーのOsob Mohamudはメイクアップアーティストとして活躍し、Instagramでも10万人以上のフォローを持つ。トロントのこのブランドはミニマルでゴージャスなエッセンシャルなアイテムが魅力。

5. Rahma The Label

オーストラリア・メルボルンのデザイナーRahma Mohamedのブランド。モダンでエシカルなアプローチをテクスチャーへ、がコンセプト。

6. Basma K Collection

オンラインムスリムファッションの世界で最も有名な女性の一人Basma K。ファッションブログや写真で一躍有名になった彼女はUKでブランドをスタートさせた。

7. Tazma Jewellery

エチオピア出身のHannah Fessehaによるブランド。メルボルンをベースにするジュエリーブランドは、エチオピア教会の言葉などをネックレスに。エチオピア文化の独自性を打ち出す。

via Fader

related

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。