今年のマーキュリープライズを受賞したSkeptaのライブをイギリスの新聞がレビュー。しかしそのクオリティが低すぎて炎上

今年のMarcury賞を受賞したグライムMCのSkeptaが出身地の北ロンドンの由緒あるコンサートホールで、凱旋ソロライブを敢行。1万人の前で圧倒的なショーを見せつけた。もちろんメディアもこぞって取材にやってきたのだが、そのレビューの一つのクオリティが低く、炎上している。

先週の金曜日、Skeptaは地元のAlexandra Palaceでライブを行った。チケットは即完売。Skeptaは子供の頃、Alexandra Palaceのスケートリンクで遊んだり、アヒルにエサをやったり、丘を転がったりしていたということだ。

グライム・キングの帰還となった金曜日のライブの様子はBeats1でも公開されている。

多くの人が金字塔的なライブパフォーマンスだったと述懐しているが、Skeptaのパフォーマンスはどうもすべての人を納得させるものではなかったらしい。Evening Standardという新聞のライブ・レビューには驚くべき表現でライブが記述されていた。

「いらいらしたのは、何も事前に準備されていなかったことだ。何度も曲が"リスタート"された」

A photo posted by GIGGS (@officialgiggs) on

グライム・アーティストだけでなくファンたちはこれには大笑い。中には真剣に怒るものも。グライムには、ジャマイカ・レゲエ〜ジャングル〜ドラムン・ベースからの伝統的なコール・アンド・レスポンスの一つである「リワインド(Rewind)」「リロード(Reload)」という文化があるからだ。

Rewindとは途中まで掛けた曲を、キュルキュルキュル〜と巻き戻して、高まったテンションを放出させたり、またテンションを高めていくために用いられる技法だ。もしくはオーディエンス側から「この曲はヤバイから最初からもう一度聴かせてほしい!」という意味でリワインドが要求されたりもする。

筆者はとんだ赤ッ恥をかいてしまったようだ。TwitterではMomentが作られ、すでにミーム化している。

related

Skeptaがアンバサダーを務めるDIESELの最新フレグランス・SOUND OF THE BRAVEが発売

ヒップホップアーティストのように自分の「音」を伝える勇気を表現したDIESELの新作フレグランス・SOUND OF THE BRAVEが発売となった。

slowthaiが新作『TYRON』でのSkeptaやA$AP Rocky、Mount Kimbieとのコラボについて語る

先週、待望の2ndアルバムとなる『TYRON』をリリースしたslowthai。非常に完成度の高い内容と豪華なフィーチャリングアーティストで大きな話題を呼んでいる同作だが、今回、Complexから彼のインタビューが公開されている。

SkeptaがベルリンのライブプラットフォームCOLORSで“No Sleep”をパフォーマンス

先日ニューアルバム『Ignorance is Bliss』をリリースしたSkeptaが、アーティストのライブを動画配信するベルリンのプラットフォームCOLORSに登場。『Ignorance is Bliss』から“No Sleep”をパフォーマンスしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。