あらゆるモノの色を的確に当てるグラフィック・デザイナーのプロジェクト

人間は1000万種類の色を認識できると言われているが、本当に日頃からそれを意識しているかと言われると、そうではないだろう。グラフィック・アーティストのInka Mathewは、私たちとは違い2013年から「これは何色なのだろうか?」ということを意識し続けてきた稀有な人物である。

2013年、庭に小さな美しい青色の花を彼女を「色彩の探求」に目覚めさせた。「はたしてこの青色は何色なのだろう」と調べはじめた彼女はついにその花の色を「ジョージア・ブルー」であることを発見し、色の見本帳の一つであるPANTONEのカラーチップと花を写真に撮影しInstagramにアップロードした。

それ以降彼女はさまざまな物と色をマッチングさせ続けている。Tiny PMS Matchプロジェクトはこうして始まった。

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

via Tiny PMS project

related

色の専門会社PANTONEが2017年秋冬の流行色を発表

色の専門会社が見る、今年の流行色は何色だろうか?

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。