LUVRAW改め鶴岡龍とマグネティックスによる、アルバム『LUVRAW』が12/14にリリースへ

自身でレーベル-IMAGECLUV- を主宰するメロウな手口のシンセ歌手、LUVRAWが名前をほぼ本名という鶴岡龍に改め、鶴岡龍とマグネティックス名義でアルバム『LUVRAW』を12/14に限定リリースする。

今回のアルバム『LUVRAW』は鶴岡とマグネティックスとして様々なアーティストが参加し制作された、8曲が収録。宅録自主制作での限定発売となる。

参加アーティストは鶴岡の他に、有井理江子や中久木八幡太郎、Arban Sachsなどが軸となり、鶴岡も所属していたPPPのメンバーKashif、DJ FRUITY、NOPPALなど計9人。

メロウなサウンドを軸に、サイケデリアや、ムード音楽など多彩で、軽やかに様々な風景や、イメージが、華やかに艶やかに展開されていく内容となっている。

まさに鶴岡が自身で形容しているように「珍妙で濃厚な快楽」がつまった、アルバムといえるだろう。

アーバンという言葉を、安心感あるものではなく、スリリングで、ほぼ媚薬のような響きを持たせた、同作を聴かずして、2016年は終われない。

 

<Info>

Luvraw

アーティスト名:鶴岡龍とマグネティックス

タイトル:LUVRAW

品番:IMG-001

発売元:-IMAGECLUV-

定価:\2500(税別)

発売日:2016年12月14日 (店舗により異なる)

※限定発売※\(^▽^)/

収録曲

① INTRO -月落-

② COCALERO MAMA

③ ドレス

④ されどカサノバ feat.NOPPAL

⑤ お宝島に朝が来る

⑥ KIMINOKO

⑦ されんだらぁ ~サヨナラするのはツライけど~

⑧ OUTRO -春雨-(for you)

作詞/作曲/Record/Mix/Master/Art work : 鶴岡龍

編曲:鶴岡龍とマグネティックス

題字 : 睦月翔子

参加メンバー

・ 鶴岡龍 - Talkbox,Synthsizer,Programing

・ 有井理江子 - Keyboard

・ 中久木八幡太郎 - Electric Bass

・ Arban Sachs - Sax,Flute

・ KASHIF(PPP) - Electric Guitar ②,③,④,⑧,

・ DJ FRUITY - Electric Guitar ②

・ 花村諭 - Electric Guitar ⑥

・ 高橋一 - Trunpet⑧

・ A Shun Yonehara - Trunpet ⑧

・ NOPPAL - Rap,Vocal

 

related

MARIAが3年ぶりのEP『Deep Float』を発表 | RINOH、鶴岡龍などがゲスト参加しGradis Nice、 Rascal、Lil'Yukichi、KMもトラック提供

MARIAが前作『Pieces』から3年ぶりとなるEP『Deep Float』を9/30(水)にリリースすると発表した。

「25歳以下の音楽ファンの内15%がアルバムを通して聴いたことがない」とする調査結果が発表

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが一般的になり、プレイリストや楽曲単位での聴き方が主流となりつつある昨今。それに伴いアルバム単位で音楽を聴く人が減ったとの意見も頻繁に見られるが、今回、若いリスナーがどのように音楽を聴いているかを調査した結果が発表された。

Time Out Cafe & Dinerの10周年パーティにLicaxxx、鶴岡龍、小林うてな、COMPUMAが出演

世界中で展開する地域密着型シティガイドの老舗『Time Out』の東京の拠点とリアル店舗として、恵比寿・LIQUIDROOMの2Fで様々なライヴ、展示、トークショー、パーティーが繰り広げられてきたTime Out Cafe & Dinerが10周年を迎える。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。