DroneShield社のドローンを操作不能にできる銃「DroneGun」

オーストラリアのDroneShield社は飛行しているドローンを操作不可能に陥れる銃「DroneGun」を開発し、実演動画を発表した。

 

DroneGunはドローン飛行禁止区域や敷地内に侵入するドローンを操作不可能に陥れることができる
、ポータブルガンだ。

DroneGunは撃ち落とすのではなく、安全に着地させるか、スタートポイントに元に戻すことを目的としている。

6キロほどののDroneGunは2キロ先のドローンをターゲットにすることができる。2.4GHzと5.8Ghzの周波数の電波を飛ばし、GPSとロシアのGPSことGLONASSを通信妨害することができる。バッテリーで2時間駆動する。

DroneGunはDroneShield社のアンチドローンテクノロジーの一つであるが、アンチドローン業界は今、ドローンの盛り上がりと同じくらい新製品の開発が盛んだ。Battelle社のDroneDefenderも同じようにドローンを操縦不可能にし、OpenWorksのSkyWallはネットでドローンをキャッチできるガンだ。

 

しかしアンチドローン製品は一般の人が自由に購入できる段階にない。DroneGunはアメリカでは、政府機関にしか販売されることはないという。なぜなら連邦通信委員会があらゆるタイプの通信妨害機器を市場に流したり、販売することを禁じているからだ。

オーストラリアでも同じように携帯電話の電波やGPSを妨害することは違法だ。

via Mashable

related

ドローンを使ってケンタッキーフライドチキンをテイクアウト

家に何も食べるものがなくて、もう動けないくらいの状態の時って、誰しもが経験があるはず。そういう時に頑張って外出して食べ物を購入しに行くのも面倒くさい。ニュージーランドの男性がそんな時のための解決策を考えてくれた。

ドローンを使用してフェスティバル会場でのセクハラ対策

フェスティバルやライブ会場でのレイプやセクハラなどの犯罪に対して、ドローンを使用して監視、防止する方策が浮上している。

Amazonが飛行船を倉庫に!飛行船倉庫から小型ドローンで配達を行うシステムを特許取得

Amazonは飛行船をまるごと倉庫にし、そこからドローンで各家庭に荷物を配達するためのシステムの特許を取得していた。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。