The WeekndがKendrick Lamar、Daft Punkとのコラボについて語る

11/25に新作アルバム『Starboy』のリリースを予定しているカナダのシンガーThe Weekndが新作アルバムに参加するDaft Punk、Lane Del Rey、Future、Kendrick LamarについてBeats 1のインタビューに答えている。

 

最初のインタビュークリップでは、インタビュアーのZane Loweから"Sidewalks"でフューチャーされているKendrick Lamarとの制作について尋ねられると、「彼は天才だよ。本当に。」と彼はWeekndの作品の意図を直ぐさま理解して、バースを書き上げたんだと賞賛し、Kendrickとのレコーディング風景は誰にも教えてたくないほど、貴重な体験になったと語っている。

また、Weekndは現在の精神状態を同インタビューで語っている。そこでは、「あなたは緊張と戦わなければならない。人々に歌うことっていうのは感情的なことなんだ。いい音じゃなかったら、自分がどこにいるか分かってないってことなんだ。」とシンガーであることの過酷さや心得を説いた。

新作アルバムのタイトル曲になっている"Starboy"と同じくDaft Punkがプロデュースした"I Feel It Coming"については、2日、もしくは3日で二曲を作り上げたと明かした。インタビューの全貌は11/25に公開される。(野口耕一)

related

The WeekndやTeyana Taylor、故Pop Smokeのレーベルオーナーが2021年グラミー賞のノミネーションを批判

今週、毎年の恒例行事であるグラミー賞の候補作がいよいよ発表となった。主要4部門の最優秀レコード賞にはBeyonceの“Black Parade”やDaBabyとRoddy Ricchの“ROCKSTAR”、Doja Catの“Say So”などがノミネートされ、また最優秀アルバム賞にはJhene Aikoの『Chilombo』、Post Maloneの『Hollywood’s Bleeding』、Taylor Swiftの『Folklore』などがノミネート。また、最優秀楽曲賞の候補作としてRoddy Ricchの“The Box”やH.E.R.の“I Can’t Breathe”などが挙がり、最優秀新人アーティスト賞の候補としてMegan Thee Stallion、Doja Cat、KAYTRANADA、D Smokeらが名を連ねている。そんな中、複数のアーティストが賞の在り方に疑問を呈し、話題を呼んでいる。

The Weekndが自身の楽曲の女性蔑視的なリリックについて「自分ではなくキャラクターが歌っていること」と説明

今年リリースの新作『After Hours』がパンデミック下のサウンドトラックとして高く評価されたThe Weeknd。そんな彼が、自身のリリックの一部が女性蔑視的であるとの指摘を受け説明を行なっている。

Tyler, The CreatorやA$AP Rockyがデモへの支持を表明|DrakeやThe Weekndは大規模の寄付を行う

先日のジョージ・フロイドさんが警察によって窒息死させられた事件に端を発する、人種差別への大規模な抗議活動。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。