CommonとGucci Mane、Pusha T、BJ The Chicago Kidの世代を超えたタッグが「黒人の痛み」についてラップ

Common新作アルバムの表題曲 “Black America Again”にGucci Mane、Pusha T、BJ The Chicago Kidが加わったリミックス版が登場。

by BATCHO

 

From the 6 to the Chi, got so much in common / Gucci Mane and Common, did you see this comin'?

アトランタ—シカゴ、共通点がたくさんあるね。俺とCommon、誰がこのコラボを予想しただろう? ―― Gucci Mane

ベテランラッパーのCommonは、アメリカ大統領選挙の5日前にアルバム『Black America Again』をリリース。プロデューサーにKarriem Riggins、Robert Glasper、Frank Dukesら、ゲスト・ヴォーカルにStevie Wonder、John Legend、Bilal、Marsha Ambrosius、BJ the Chicago Kid、The InternetのSydらを迎えた話題作となっている。

意気を奮い立たせるかのようなストリングスやCommonの力強いライミングが印象的な原曲と比べ、リミックス版のトラックにはアルバム3曲目”Word From Moe Luv Interlude”の優しく穏やかなビートが使用されている。ネオソウルの新世代として台頭するBJ The Chicago Kidがフックで華を添え、Gucci ManeやPusha Tが自身のハードな経験、贖罪、マルコムX、黒人差別、警察暴力などに言及しながらもどこか親しみやすさのあるラップを披露している。

大統領選挙の結果を受けアメリカ各地で人種間の緊張が高まる中、「コンシャスラッパー」とくくられることの多いCommonと、若者への訴求力も強いGucci ManeやBJ The Chicago Kid、Pusha Tが世代や地域、立場の違いを越えてタッグを組み、黒人の痛みについて語るこの曲は、分断に傷ついた人々の心を少しでも癒すだろうか。

Woke up in a prison cell and I had a revelation / That my life's a testimony, I could be an inspiration

刑務所の檻の中で目覚めて、悟った。それが人生の証言、俺は誰かのインスピレーションになれるかも。―― Gucci Mane

related

Pop Smokeの遺作でのリリックをきっかけにPusha TとYoung Thugとの間でビーフが発生

先週金曜日にリリースされた、故Pop Smokeの最初で最後のアルバム『Shoot For The Stars Aim For The Moon』。同作はVirgil Abloh手掛けるアートワークを巡り議論が起こるなどの騒動もありながら無事リリースとなったが、生前の彼が遺した楽曲でコラボレーションを行なっていたPusha TとYoung Thugとの間に、その楽曲をきっかけとしたトラブルが発生してしまった。

Gucci Maneが「Gucciの内部に自分のブランドを持った」と語る|7月にリリースの新作のプロモーションか

昨年にはついにGucciとのコラボレーションを公式に実現し、LOOKへの登場を果たしたGucci Mane。そんな彼が、モデルを務めるに留まらずGucciの内部に自身のブランドをオープンさせることを計画しているようだ。

Pusha Tがラーメンとカクテルのお店『Kitsuen』をワシントンD.C.にオープン

先日Master Pが自身のカップヌードルブランド『Rap Noodles』をローンチするなど、アメリカのヒップホップシーン内でも人気の高まりを見せるラーメン。そんな中、Pusha Tがラーメンとカクテルを楽しめるバーをワシントンD.C.にオープンすることが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。