Drakeと21 Savageコラボした楽曲「Sneakin'」のトラックメーカーがトラックの制作過程を解説

Cash Moneyに所属するアトランタのプロデューサーLondon On Da Trackが、サイトGeniusのビデオで自身がプロデュースしたDrakeと21 Savageの曲"Sneakin"のトラックの制作過程をビデオで解説している。

 

最初にギターのフレーズを作成。それを半分の速度にスローダウン。そして他の楽器のトラックを作り込んだそうだ。

"Sneakin"のビデオはただいまApple Musicで公開中。

RELATED

21 Savageが自身のことをアメリカ出身ではないとからかってきたラッパーとInstagram上で口論

今年2月、21 Savageがイギリス国籍であるにもかかわらずアメリカに不法滞在していたとして逮捕され、大きな騒動となったのは記憶に新しい。Jay-Zをはじめとする多くのアーティストの助けもあってか、現在は無事釈放された彼だが、当時インターネット上には彼に関するミームや不謹慎なジョークが溢れかえっていた。そのような状況も、事件から数ヶ月経った今となっては落ち着いたとみられていたが今回、21 SavageがInstagram上で自身をからかってきたラッパーと口論を繰り広げた。

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAファイナルの影響でDrakeの楽曲がベイエリアのラジオ局で放送禁止に

今年のNBAファイナルはゴールデンステート・ウォリアーズとトロント・ラプターズの顔合わせとなっている。両者1勝ずつで本日第3戦が行われているが、ラプターズを後押しするDrakeのおかげでヒップホップファンも興味津々となっているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。