アメリカで次々と大麻の所有・使用が合法化 /インターネットで大麻をデリバリーしてくれるサービスMeadowの需要も高まる?

大統領選挙と同時に開催された米カリフォルニア州での娯楽用大麻の所有・使用を合法化するかどうかの住民投票で、カリフォルニア州の住民は合法化することを決定。それ同時にフロリダ州とノースダコタ州では医療用大麻が合法化している。すでにコロラド、ワシントン、オレゴンの3州は既に娯楽用大麻の使用・所有を合法化している。

 

アメリカで広がる大麻の合法化は、このサービスの需要をさらに高めるかもしれない。

今年の春にローンチしたMeadow(牧草地/干し草=大麻のスラング)という名のサービスは、もちろん家畜用の牧草メーカーでなく、インターネットで大麻のデリバリーしてくれるサービスだ。

Meadowは医療用大麻を人々の手に安全に、質の高いサービスで届けるスタートアップのサービスだ。今年6月にサービスはカリフォルニア州でスタートしており、すでに利用者も。サービスを利用するためには医療用大麻のカードが必要となる。

Meadowは利用者にインターネットを通じて問診サービスを提供。そしてすぐに処方箋を利用者に送付。その処方箋を利用者はMeadowに送り、デリバリーを依頼する。
コストは$100。そのうち10ドルがMeadowの利益になるという。詳しくはWIREDにサービスを説明した記事の翻訳がある。

RELATED

2500年前の墓地から古代人がマリファナを吸っていた最も古い痕跡が発見される

北京の中国科学院・科学アカデミーのYimin Yang率いる考古学者チームは、中央アジアのパミール山脈にある2500年前の墓地で、古代人がマリファナを吸っていた最も古い痕跡を発見した事をScience Advancesで発表した。

Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。