Kanyeのフェイクアーティストアイテムが本人から認められ、オフィシャルショップで売られた18歳のデザイナーAsspizza

現在18歳のAustin ButtsはNY生まれのデザイナーだ。彼はInstagramのアカウントネームAsspizzaとして知られてる。彼が初めて有名になったのは2年前16歳のときだ。

自らカスタマイズしたジーンズやTシャツがILoveMakonnenやLorde、Theophilus Londonなどが着用し、SNSで話題となった。彼はまたMike The RulerやLuka Sabbatといった新世代のファッションアイコンたちとも親交が深いことで知られている。

そんなAsspizzaは今年Kanye Westの『The Life Of Pablo』のポップアップショップで売られているマーチャンダイズのブートレグアイテムを自作した。そしてKanyeのPop Up Shopが行なわれている会場の前の路上で安価で販売したところ、多くのキッズたちが本物ではなく、ブートアイテムを購入していったという。

Asspizza

そしてその模様を見た、Kanyeとそのチームはなんと自分たちのPop Up Shopでこれらのアイテムを売ることを決定。今年5月に行われたPop Up ShopでAsspizzaのブートレグ・アイテムは実際に販売された。

Asspizza

asspizza with the fablo

Austin Buttsさん(@asspizza)が投稿した写真 -

「多くの人々はなんで、わざわざ偽物を買わなきゃいけないんだって感じなんだろうけど、これは本物よりもリアルなんだ、わかるだろ」とAsspizzaは自身満々のコメントをHYPEBEASTに対して残している。

その後もAsspizzaは悪名高きYMBapeと交流を深めたり、カスタムジーンズを作ったり、きままな活動を続けている。

?

Austin Buttsさん(@asspizza)が投稿した写真 -

Asspizza Instagram https://www.instagram.com/asspizza/

related

Kanye WestとGAPによるYEEZY GAPのラウンドジャケットの先行予約がスタート

Kanye WestとGAPによる話題のプロジェクトYEEZY GAPから、目玉アイテムとして発売前から話題になっていたラウンドジャケットのブラックの先行予約がスタートした。

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

Kanye Westが離婚に伴う引越しで約1トンにも及ぶスニーカーコレクションを移動させるとの報道|「Sunday Service」スタッフへのギャラの未払いで訴訟も

進学や就職、あるいはパートナーとの別れといった人生の転機と共に、引越しを行った経験のある方も多いだろう。しかし、そんな時に厄介なのが荷物の移動だ。中でも洋服やスニーカーを集めている方はパッキングや移動に骨を折ることとなるが、ファッションを牽引する存在であるKanye Westは、やはり桁違いの苦労を抱えているようだ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。