T.I.がLil WayneのBlack Lives Matterについての発言に激怒

先週、ラッパーのLil WayneがABCの番組『ABC’s Nightline』内のインタビューにて、Black Lives Matterに関心を持っていないと明かしたことが論争を巻き起こしている。

 

Lil Wayneは、自身が人種差別を受けた経験がないと主張し、アメリカ国内における黒人へのリスペクトは既に成されていると述べた上で、「Black Lives Matter」を標榜する黒人人権運動に対する質問には、「何それ?どういう意味?変じゃない?なんでそんな名前つけたのか知らないけど・・・」「そんなことには共感しないし、俺には関係ない」とコメント。

続けて、「そんなことするとかおかしいぜ。あんたは自分と関係ないことに共感する?もし俺に何かしら関係があったとしても、俺は関わらない」と発言。この発言はラッパーを含め多くの批判を浴びた。若手ラッパーのVic Mensaも、Lil Wayneを「無知で自己中心的で孤立している」と批判するなど、あらゆる層を巻き込んだ論争に発展している。

Lil Wayneはインタビュー内の質問に「動揺していた」と語り、「これからはインタビュー内での問答のような考え方をやめる。傷ついたみんなに謝りたい」と謝罪をした。

しかし、リルウェインの友人でもある人気ラッパーのT.I.は動画で怒りをあらわにしている。

「お前が責任ある大人と違って少し変なのは知ってるが、お前まだラリってるのか?」「お前がどういう状況にあるのかは知らないが、お前の言動は受け入れがたい!!!自分自身を軽蔑してる上、家族の名前に泥を塗ったし、お前の功績は色あせてしまってる。お前には、お前を尊敬している子供たちがいる。お前のリーダーシップを信頼している息子と娘がいる。彼らの味方でない限り、これまで稼いだ金、宝石、車、マンション、ヒット曲全部が無駄だ!!!俺らは抑圧されてきた。お前は、これまで住んでた妄想の世界から出てアメリカで何が起きているかを勉強してこい!!!」と痛烈に批判。

これまで数々の言動で世間を騒がせたLil Wayneだが、今後の展開に注目したい。(伊藤)

Via XXL

RELATED

ファッション誌ViViが自民党とのコラボキャンペーンをスタートするも多くの批判が寄せられる

講談社が発行する人気女性ファッション雑誌ViViがWeb上で展開しているあるキャンペーンが話題となっている。

T.I.がNipsey Hussleの死を「アベンジャーズからアイアンマンがいなくなるようなもの」と語る

ヒップホップシーン全体に衝撃を与えたNipsey Hussleの突然の死。それから一ヶ月以上が経過した今、T.I.がNipsey Hussleの功績について改めて語ったことが話題となっている。

Kodak BlackがRolling Loud会場入りの際に逮捕される|Lil Wayneも警察の取り調べの影響でライブをドタキャン

世界最大のヒップホップフェスであるRolling Loudが先週末より開催された。ライブだけでなくイベントに伴う様々なトラブルでも毎回話題を呼ぶこのフェスだが、今回はKodak BlackとLil Wayneの2人がまさかの理由で出演をキャンセルしてしまったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。